九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

病院を中心に街づくり 地域の活性化に貢献

病院を中心に街づくり 地域の活性化に貢献


黒澤 一也 理事長(くろさわ・かずや)

1995年北里大学医学部卒業。
同附属病院(現:北里大学病院)、中条中央病院などを経て、
2000年医療法人恵仁会(現:)入職、2007年から現職。
同法人くろさわ病院院長兼任。

 法人の中核であるくろさわ病院が新築移転したのが2017年4月。以来、黒澤一也理事長は、衰退の一途をたどっていた地元を活性化したいと、病院を中心とした街づくりを進めてきた。同時に、住民のニーズに合った医療の提供、地域包括ケアの取り組みも推進している。

─公民館を併設した病院として話題です。

 佐久市の中込地区にある商店街の一角に新築移転しました。この病院の土地は以前、大型の商業施設が建ってにぎわっていた所です。大型商業施設が撤退し、商店街も衰退していく中で、「病院を核にして街づくりはできないか」と考えるようになりました。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる