九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

現場の声を大切に病院基盤の構築を図る

現場の声を大切に病院基盤の構築を図る


病院長(いわさき・あきのり)

1982年福岡大学医学部卒業。
米クリーブランドクリニック、ベイラー医科大学留学、
福岡大学医学部外科学講座呼吸器・乳腺内分泌・小児外科主任教授を経て、
2019年12月から現職。同大学理事兼任。

 呼吸器分野の低侵襲手術を得意とする岩﨑昭憲氏。医学部呼吸器・乳腺内分泌・小児外科の主任教授を11年間務め、低侵襲治療の中心的役割を担ってきた。2019年12月に病院長に就任。抱負を聞いた。

教室運営で得たものを病院経営に生かす

「物事を起こして、大きくつくりあげていくことが好きなんです」

 そう語る穏やかな表情、柔らかな語り口からは、約2000人の組織を率いるトップとしての気負いや力みは感じられない。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる