九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

沖縄唯一のTAVI実施機関 低侵襲と2次予防を実現

沖縄唯一のTAVI実施機関 低侵襲と2次予防を実現

琉球大学医学部附属病院 心臓血管低侵襲治療センター
岩淵 成志 特命教授(いわぶち・まさし)
1986年信州大学医学部卒業。福山循環器病院、
社会保険小倉記念病院(現:一般財団法人平成紫川会小倉記念病院)などを経て、2020年から現職。
琉球大学大学院医学研究科循環器・腎臓・神経内科学講座診療教授兼任。

 第三内科循環器グループの診療教授と兼務し、2020年2月から心臓血管低侵襲治療センターの特命教授に就任した岩淵成志氏。(経カテーテル的大動脈弁留置術)の沖縄県唯一の認定施設として、同県内の大動脈弁狭窄症の患者を一手に引き受けている。

―カテーテル治療のメリットは。

 最大のメリットは低侵襲であること。これまで確立されていた冠動脈バイパス術では、高齢者の場合、社会復帰まで1〜3カ月を要しますが、カテーテル治療は2泊3日程度で退院できます。

 ただ、冠動脈バイパス術は末梢部分の血管につなぐので、その手前で動脈硬化が進行しても影響は出ないというメリットがあります。

 カテーテル治療は、ステントを留置した患部の前後で動脈硬化が進むと、再び症状が出たり重症化したりすることがあり、2次予防(再発防止)が必須です。LDLコレステロールを下げる指導やリハビリの徹底で、成績が大きくアップしました。

―沖縄では唯一のTAVI認定施設です。

 2013年、大動脈弁狭窄症の治療において、TAVIが保険適用となりました。ちょうど私が赴任してきた頃です。

 琉球大学医学部附属病院では、施設認定基準を満たすハイブリッド手術室の整備を進めていました。完成後、施設認定の準備をし、2015年にTAVIを開始しています。2019年の治療数は、78症例になりました。

―ハートチームの役割とは。

 患者さんのQOLを維持するには、しっかりとした2次予防が必要です。循環器内科医、心臓血管外科医、麻酔科医、放射線技師、看護師、リハビリスタッフで構成するハートチームで、手術適応の可否の判断や術後のリハビリをフォローします。

 通算200例を超えたTAVIの患者さんには半年ごとに外来を受診していただいています。治療後はQOLが上がることが分かってきており、術後に腎機能や認知症が改善した例もあります。ただし、もともと寝たきりや重い認知症の患者さんの場合は、TAVIを受けることができません。

 大動脈弁狭窄症は高齢者に多い疾患です。自覚症状がないこともあり、早期発見できていないのが現状。切羽詰まった状態で搬送されて治療しても、回復に時間がかかります。心音を聴診することが第一歩ですので、開業医の先生などへの周知に努めたいと思います。

 県内全域から大動脈弁狭窄症の患者さんが当院に集まってきます。患者さんの平均年齢は、全国平均よりやや高いのですが、ほとんどの方が治療後に自立歩行で退院しています。90代の女性は、弁置換術の後、サトウキビ畑で元気に働いています。

―後進の指導はどのように。

 CTのデータを基につくった琉球大学オリジナルの模擬血管モデルが四つあります。これを使って年に1回、県内の若手医師を対象にワークショップを実施。左冠動脈主幹部にステントを留置する訓練では、どのような事態が起きるのか、合併症が起きた時の対処法など、高難度のトレーニングを行っています。

 カテーテル治療は、造影剤を入れてエックス線画像を見ながら実施します。しかし、訓練ではエックス線も造影剤も使えないので、同じシステムを、理化学研究所と共同開発して特許も取得しています。

 経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の教育では、ライブデモンストレーションを取り入れています。西日本エリアの若手術者育成を目的とする「ARIA」の会長を務めた2018年には、当院の手術室と福岡市の会場をライブ中継して手技を披露しました。若い医師に技術を継承し、今後の治療にもっと生かしてほしいと願っています。

琉球大学医学部附属病院 心臓血管低侵襲治療センター
沖縄県中頭郡西原町上原207
☎098―895―3331(代表)
http://www.naika3.med.u-ryukyu.ac.jp/ (第三内科)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる