九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

早期リハビリ介入で患者のQOLを向上

早期リハビリ介入で患者のQOLを向上

鳥取大学医学部附属病院リハビリテーション部
萩野 浩 部長(はぎの・ひろし)

1982年鳥取大学医学部卒業。
米クレイトン大学骨粗しょう症センター、鳥取大学医学部整形外科講師、
同附属病院リハビリテーション部副部長などを経て、2004年から現職。
鳥取大学医学部保健学科教授兼任。

 県西部の基幹病院として、地域医療を支える鳥取大学医学部附属病院。2002年設立のリハビリテーション部は、社会の高齢化や症例の多様化に対応しながら、機能回復や社会復帰をサポートしている。萩野浩部長に、現状と今後の抱負について聞いた。

─概要を教えてください。

 リハビリテーション部の診療患者数は1日平均100人で、うち90人が入院患者。その中の約40人が訪室(往診)患者です。患者の3分の1が整形外科、3分の1が脳疾患。残りは呼吸器や心臓、悪性腫瘍などの疾患です。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる