九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

早期の予防治療、手術で未熟児網膜症に挑む

早期の予防治療、手術で未熟児網膜症に挑む

産業医科大学医学部 眼科学 近藤 寛之 教授(こんどう・ひろゆき)
1988年千葉大学医学部卒業、虎の門病院眼科レジデント。米マイアミ大学研究員、
九州大学遺伝情報実験施設研究生、福岡大学眼科講師などを経て、
2010年産業医科大学医学部眼科学准教授、2013年から現職。


 周産期医療の現場では医療の進歩により救命できる未熟児が増えた。一方で、重症の未熟児網膜症は増加している。九州・中国地方から患児が集まる産業医科大学医学部眼科学の近藤寛之教授に、予防治療や網膜剝離手術など最新の動向を聞いた。

―未熟児網膜症の概要を教えてください。

 低出生体重児(未熟児)に起こる目の病気です。早産の影響で未完成な網膜に起こる頻度が高く、網膜剝離による視覚障害が起こります。未熟児の網膜は未完成であり虚血(酸素不足)状態のため、VEGF(血管内皮増殖因子)と呼ばれる物質が過剰に産生されます。VEGFが新生血管と呼ばれる病的な組織の発生を誘導し、出血や網膜剝離を引き起こします。

 網膜剝離を起こすのは生後2カ月以降で、最も多いのは生後3〜4カ月頃です。急性期の網膜剝離は発症後、急速に進行し、数カ月以内には、ほぼ状態が固定されるので、患児が症状を自覚することはありませんが、結果的に視力低下や失明に至ります。患児が成長してからも、2歳以降のあらゆる年齢で網膜剝離や硝子体出血を起こすことがあります。


―治療について。

 医療の進歩によって20年前には考えられない早期治療や早期手術が可能です。最も大切なのは各施設のNICUでの網膜剝離を防ぐための治療です。

 低出生体重児は出生数週で網膜症を発症するため、定期的な眼底検査を行います。治療が必要なレベルに達すると、まずレーザー治療で網膜剝離の発生を防ぎます。現在は技術が向上し、発症数や、治療を要する症例は明らかに減少してきています。

 それでも網膜剝離を生じた場合に手術を行います。在胎週数の短い重症の低出生体重児の場合、大半が網膜症を発症しますが自然治癒することも多く、予防治療が必要となるのは半数程度で、さらに網膜剝離に進行するのは1割未満です。

 近年、新生児科では未熟児への酸素投与や適切な呼吸管理の研究が進み、眼科ではレーザー治療を行う基準や手術器具の研究が進みました。さらに、VEGFの過剰産生を抑える抗VEGF剤と呼ばれる薬剤が登場し、初期の網膜剝離では注射による治療が可能となり、手術との使い分けができるようになりました。

 抗VEGF剤は非常に有用な薬剤ですが、進行例ではかえって網膜症を悪化させるため適応は限られています。また、小児への使用については未承認であり、全身的な安全性などの懸念もあります。ご家族とよく相談して、使用することになります。


―産業医科大学で実際に行われている治療について。

 未熟児網膜症の網膜剝離の手術は技術と経験を要するため、一般的な大人の網膜剝離とは異なり治療できる施設は限られています。九州内では産業医大眼科が未熟児網膜症の網膜剝離手術症例を受け入れている唯一の施設です。

 直近の9年間で、網膜剝離の患者数は急性期の症例が43人69眼で、その大半は県外の施設からの紹介症例です。抗VEGF剤注射を含めた網膜剝離の治癒率は81%。治療別では、抗VEGF剤注射のみ、輪状締結術、硝子体手術早期、硝子体手術進行例でそれぞれ100%、100%、89%、47%。網膜剝離の治療成績は重症度や適応となる治療方法によって大きく異なります。成長してからの症例の網膜剝離や硝子体出血の患者数は17人19眼で、治癒率は89%です。

 未熟児網膜症の網膜剝離の診療には新生児科ドクターの管理とフォローが必須です。大半の症例が院外からの紹介のため、患児の移送には多大な支援を行っていただいています。遠方からヘリ移送するケースなどは大変な労力が必要ですが、迷ったら移送するタイミングと考えて、早急に動いていただくことが大事ではないかと思います。


産業医科大学医学部 眼科学
福岡県北九州市八幡西区医生ケ丘1─1
☎093─603─1611(代表)
https://www.uoeh-u.ac.jp/kouza/ganka/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる