九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

新築移転から5年 さらに地域に愛される病院へ

新築移転から5年 さらに地域に愛される病院へ

IMSグループ 医療法人財団 明理会 行徳総合病院
院長(はたなか・まさゆき)

1991年大阪医科大学医学部卒業。
東京女子医科大学、板橋中央総合病院副院長などを経て、2019年から現職。

 2020年、設立40年という節目を迎える行徳総合病院。2015年に現在の地に新築移転し、ちょうど5年となる。これまで高度急性期医療を中心に、地域で高まるニーズに合わせて診療の幅を広げてきた。就任して2年目を迎えた畑中正行院長に、これまでの取り組みと今後の展望について聞いた。

―院長就任2年目です。

 前任の板橋中央総合病院の患者層は、比較的高齢者が多かったのですが、行徳総合病院があるこの地域は、都内に通勤する方が多いベッドタウンです。日本では多くの地域で人口減少や高齢化が課題となっていますが、ここは人口増加が見込まれています。お子さんがいらっしゃる比較的若い世帯が多く、年齢層が幅広いという特徴があります。

 その中で、当院は2015年に現在の場所に新築移転してきました。以前病院があった場所と離れていることもあり、この地域での認知度はまだまだ低いと感じています。もっと、地域に愛される病院を目指して、取り組んでいきたいと思います。

 診療体制を充実させていく中で、高度急性期医療は、当院の大きな強みです。救急車の受け入れは、年間約5000件以上。高速道路のインターチェンジから近いこともあり、市川市だけでなく船橋市、習志野市からも受け入れています。

 より多くの方を受け入れるためにはマンパワーの充実が必要です。実は千葉県は全体的に医師がかなり不足しており、どの病院も苦戦しているのではないでしょうか。研修などの教育環境を充実させ、若い研修医たちがこの病院に残ってくれるよう努力していきたいと思っています。

―地域連携のための取り組みは。

 急性期を中心に、回復期リハビリテーション病床45床、地域包括ケア病床35床も有しています。急性期から回復期を経て、開業医の先生にお任せするなどといったことができるよう、地域連携をより強めていきたいと考えています。

 就任してから「地域連携カンファレンス」を開催しており、診療が終わった遅い時間に集まっていただくのですが、開業医の先生と広く情報交換ができる場となっています。

 地域住民に向けては、がんや生活習慣病などの病気に関する知識を得ていただくための啓発活動も行っています。「ふれあい健康サロン」での講演活動のほか、年に1回、当院で開催する「行徳健康フェスタ」は5回目を迎えました。血圧・体脂肪測定ブースや講演イベントなど、毎年好評をいただいています。

 これらの活動を通して、開業医の先生、地域住民の方々にもっと当院を知っていただきたいと思います。

─新しいセンターが2020年春に誕生します。

 2020年4月に「心臓病・血管病センター」を開設します。循環器内科医に加え心臓血管外科医も常勤し、カテーテル治療など、循環器疾患を総合的に治療できる体制を整えます。

 同じく4月に「てんかんセンター」もスタートします。てんかんは、患者さんが潜在的に多いと言われていますが、この地域には専門的な医療機関がありませんでした。専門的な診療体制を整えることにより、これまで日常生活に不安があった患者さんも安心して暮らせる治療を提供していきたいと考えています。

 医師を確保し、診療科を充実させることは、大きな目標でありますが、まずは「あらゆる世代の患者さんを診る」という意識をもっと徹底していきたい、と感じています。

 外来患者数は、私の院長就任以来増加傾向にありますが、さらに今の倍近い数を受け入れたいと考えています。質の高い医療を通して地域貢献、社会貢献していくことが、私たちの役割であると思っています。

IMSグループ 医療法人財団 明理会行徳総合病院
千葉県市川市本行徳5525―2
☎047―395―1151(代表)
https://gyo-toku.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる