九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

新時代を見据えた技術の発展と教育を

新時代を見据えた技術の発展と教育を

万代 昌紀 教授(まんだい・まさき)
1988年京都大学医学部卒業。兵庫県立尼崎病院(現:兵庫県立尼崎総合医療センター)、
米国立衛生研究所ワクチンリサーチセンター研究員、
近畿大学医学部産科婦人科学教室教授などを経て、2017年から現職。

 100年以上の伝統を持つ京都大学の婦人科学産科学教室。婦人科領域で常に先進的な研究に携わってきた。近年はi PS細胞を用いた研究やロボット支援手術においても取り組みを続けている。万代昌紀教授に教室の強みやトピックについて聞いた。

記事に関する感想・コメントはこちらから

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
メニューを閉じる