九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

教授2人体制で、「深く」「広く」学べる教室に

教授2人体制で、「深く」「広く」学べる教室に

土岐 祐一郎 教授(どき・ゆういちろう)
1985 年大阪大学医学部卒業。
米コロンビア大学プレスビテリアンがんセンター、
大阪府立成人病センター(現:大阪国際がんセンター)などを経て、2008 年から現職。

江口 英利 教授(えぐち・ひでとし)
1992 年大阪大学医学部卒業。
米ブラウン大学ロードアイランド病院、
大阪府立成人病センター(現:大阪国際がんセンター)などを経て、2019年から現職。

 1838 年に蘭学者・緒方洪庵が開いた「適塾」を源流とする大阪大学の外科学講座。2007年、再編によって誕生した「消化器外科学」は、土岐祐一郎教授と江口英利教授の2人体制によって運営されている。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる