九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

患者も職員も幸せであるために

患者も職員も幸せであるために

高松赤十字病院
中山 正吾 院長(なかやま・しょうご)
1982 年京都大学医学部卒業。大阪赤十字病院副院長兼救命救急センター長、
高松赤十字病院特任参与兼第三心臓血管外科部長などを経て、
2024 年から現職。

かつて心臓血管外科部長として勤務していた高松赤十字病院の院長に就任した、中山正吾氏。約10年にわたる全面改修がほぼ完了して生まれ変わった同院を、今後どのようにかじ取りして地域医療を支えていくのだろうか。

記事に関する感想・コメントはこちらから

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
メニューを閉じる