九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

急性期から回復期まで継続した医療を提供

急性期から回復期まで継続した医療を提供

一般社団法人巨樹の会  新上三川病院 大上  仁志 院長(おおかみ・ひとし)
1983年自治医科大学医学部卒業、1996年同大学大学院医学研究科卒業。
同大学整形外科学教室講師、日光市民病院などを経て、2003年から現職。

 JR宇都宮線の石橋駅から車で15分ほど走ると、田園地帯の中に新上三川病院が見えてくる。新上三川病院は、急性期病棟(38床)と回復期リハビリテーション病棟(171床)を有しており、回復期リハの病床数は北関東一を誇る。地域に根差した医療を目指す同院の特徴、取り組みを紹介する。

―病院の特徴について。

 かつて当院は整形外科の単科病院でしたが、2011年、巨樹の会グループに加わったことを機に回復期リハ病棟を併設しました。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる