九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

幅広い心の病を対象に新しい治療法に取り組む

幅広い心の病を対象に新しい治療法に取り組む

千葉大学大学院医学研究院 精神医学教室
教授(いよ・まさおみ)

1984年千葉大学医学部卒業。
国立精神・神経センター(現:国立精神・神経医療研究センター)精神保健研究所薬物依存研究部、
浜松医科大学精神神経医学教室などを経て、2000年から現職。

 千葉大学精神医学教室の教授に就任して20年、臨床・教育・研究に取り組んできた伊豫雅臣教授。臨床の第一線に立ちながら新しい治療法の開発や新薬の治験、人材教育などに積極的に取り組んでいる。

―特徴は。

 当教室では臨床現場である医学部附属病院の精神神経科・こどものこころ診療部と共に教育・研究・診療を行っています。診療では千葉県および近隣県から難治性精神疾患の患者さんを受け入れています。さらに、治療抵抗性統合失調症やうつ病、双極性障害、ADHD、自閉スペクトラム症(ASD)、摂食障害の患者さんに対して診断・治療を行っています。

 昭和40年代からいち早く児童精神科医療にも取り組み、お子さんや思春期特有の症状を持つ患者さんを診てきました。現在は附属病院に「こどものこころ診療部」を新設。12歳以下の患者さんを診療しています。

 亥鼻キャンパスには2011年に「千葉大学子どものこころの発達教育研究センター」(清水栄司センター長)が新設。臨床心理士や小中学校の教職員の方も参加し、認知行動療法に関する研究を推進しています。

 このセンターの特任教授であった中里道子先生は国際医療福祉大学医学部精神科の教授となり、2020年3月に開院した同大学成田病院精神科部長にも就任されています。今後も連携を強めていきます。

 私がセンター長を兼任する「千葉大学社会精神保健教育研究センター」は、心神喪失者等医療観察法が施行された2005年、当時全国の大学で唯一、司法精神保健に関する教育・研究を行うセンターとして開設しました。

―新しい治療法の開発と人材育成について。

 2000年代の初めからいち早く認知行動療法を取り入れるなど、常に新しい治療法に積極的に取り組んできました。

 難治性精神疾患の治療では麻酔科の協力を得ながら修正型電気けいれん療法を積極的に実施するとともに、治療抵抗性統合失調症に対するクロザピン療法を千葉県内の医療機関と連携して実践・推進しています(サターンプロジェクト)。また精神疾患に有効な新薬開発に関する治験や臨床試験も積極的に行っています。

 現在の精神科医療ニーズは多岐にわたっており、精神科以外の医師に対し、精神科的な初期対応ができるよう人材育成をすることも、私たち大学医学部の大きな役割です。医学生・初期研修医にリエゾンコンサルテ
ーションに基づいた研修プログラムを用意しています。

 千葉県では高齢化と医師不足によって、かつて公的病院が診療を休止するなど医療過疎地の問題も抱えており、こうした地域医療を支える人材の育成も当教室の重要な役割で使命感を持って取り組んでいるところです。

―新型コロナの取り組みは。

 世界的な新型コロナ感染拡大を受けて、日本、イギリス、スペインの3カ国約8000人を対象に感染症に対する不安や防御対策について独自の調査を行いました。

 その結果、日本では約1割の人が自分が感染する、もしくは他者に感染させてしまうという不安を持たずに行動していることが分かり、感染拡大の一因になっている可能性があります。逆に何か疾患を持っている人や高齢者ら感染リスクの高い人とその家族は相当高い緊張感があり、かなりのストレスを受けていることも分かりました。その人たちに対する精神的な支援体制も大事です。

 国内の自殺者が増えているという報道もあり、感染症の直接的な影響以外にも経済的な理由から悩みを抱えている方も多いかと思います。それらの方々には「いのちの電話」をはじめ相談窓口にぜひアクセスしていただきたいです。精神疾患は誰にでも起こりえることを知ってもらい、気軽に精神科を受診してほしいと思っています。

千葉大学大学院医学研究院 精神医学教室
千葉市中央区亥鼻1―8―1
☎043―222―7171(代表)
https://www.m.chiba-u.ac.jp/class/psy3/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる