九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

富山大学学術研究部医学系 消化器・腫瘍・総合外科 全国初の膵臓専門施設 「治らない病気」から救う

富山大学学術研究部医学系  消化器・腫瘍・総合外科 全国初の膵臓専門施設  「治らない病気」から救う

藤井 努 教授(ふじい・つとむ)
1993年名古屋大学医学部卒業。
同大学医学部第二外科、米マサチューセッツ総合病院、
名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学准教授などを経て、2017年から現職。

 膵(すい)がんは助からない病気ではないことを伝えたい―。2018年9月に開設された富山大学の「膵臓・胆道センター」は、国内初の膵臓、胆道専門の診療施設だ。センター長の藤井努教授に、設立の経緯やこれまでの成果を聞いた。

─センターを開設した経緯と目的は。

 膵臓と胆道の疾患は、診断、治療が難しいのが特徴です。膵臓がんは予後不良で、診断の際は造影剤を使わない一般のCT検査では見つけられないこともあり、前任地の名古屋大学にいた頃から症状が進行してから見つかり、手遅れの状態となってしまった患者さんに多く出会ってきました。 

 富山でもそのような患者さんは多く、県民に安全な治療を届け、早期発見の重要性も周知するには、膵臓、胆道に特化した施設の看板を掲げることが重要だと考えました。 センターの構想を練っていたところ、18年6月に全国的にも著名な膵臓、胆道専門の内科医・安田一朗先生が第三内科の教授に就任。すぐさまセンター開設を打診すると、驚きつつも「ぜひ一緒にやりましょう」と快諾してくれ、内科、、放射線科などの専門家をそろえて診断から治療までを担う全国初の専門施設を開設しました。

 膵臓、胆道疾患の診療の難しさを、私はよく大阪駅や渋谷駅に例えます。JRや私鉄が複数乗り入れ、百貨店なども建ち並んでいる。駅一帯の再開発は数年単位で行う大型事業です。膵臓、胆道も十二指腸や血管に囲まれ、診断、手術に手間と時間がかかります。

 当センターでは、私が開発した膵液が漏れにくい膵臓と腸の縫合方法を取り入れています。通常は8時間ほどかかる手術も、5~6時間に短縮して患者さんの負担軽減を図り、術後の合併症の発生を抑えています。

─センターでの年間手術件数は100件を超えました。

 開設から約2年で約630件の紹介を受け、全国各地から多くの患者さんが訪れています。私が行った膵切除の件数は教授に就任した17年が38件、18年が61件で、センター開所後の19年は104件。年間100件を超えるのは専門医の中で一つの指標となっていて、私自身、引退までに達成できたらいいなと思っていた憧れの数字だったので、驚いています。

 特に印象深いのは、3年前に担当した当時55歳の群馬県在住の女性。膵がんが腹膜に広く転移していました。地元の病院では「早く身辺整理をした方がいい」と言われたそうですが、初孫の誕生を控え、最後の望みをかけて来てくれました。腹膜のがんを取り除く手術をして今も抗がん剤治療を続けていますが、お孫さんを抱くことができました。2人目のお孫さんにも恵まれたそうで、「夢のようです」と言ってくれました。

 電車などを乗り継いで想定以上の患者さんが来てくれています。思いに応えなくてはならない、と身が引き締まります。

─後進の育成で心掛けていることは。

 されて嫌なことをしないこと、してほしかったことをすることです。私が初めて膵臓の手術で手術室に入れてもらえたのは、医学部を出て8年も経ってから。当時はそれが当たり前でしたが、早く手術がしたかった。画面越しではなく手術室に入って自分の目で見るだけでも、理解は深まる。私の教室では卒後1年目から手術に参加します。

 駆け出しの頃、先輩医師から膵がんの患者さんには「余命は半年、持って1年」と伝えるよう言われていましたが、今は「助からない病気」ではなくなりつつあります。診療が難しいことに変わりはないですが、開発した術式が広く普及するなど難しい分野に挑んできたからこそ、得られるやりがいと充実感があります。若い人にもやりがいを大いに感じてもらい、「日本一若手の治療、手術がうまい教室」を目指します。

富山大学学術研究部医学系 ・腫瘍・総合外科
富山市杉谷2630 ☎076―434―2281(代表)
http://www.med.u-toyama.ac.jp/surg2/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる