九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

子どもの成長を見守る小児科医の魅力を伝えたい

子どもの成長を見守る小児科医の魅力を伝えたい

佐賀大学医学部小児科学
教授(まつお・むねあき)

1985年佐賀医科大学医学部(現:)卒業。
佐賀県立病院好生館(現:佐賀県医療センター好生館)、米ケンタッキー大学留学、
佐賀大学医学部附属病院小児科などを経て、2014年から現職。

 子どもたちの総合診療医である小児科医。子どもやその家族に寄り添う小児科医の魅力を伝え、この道を目指す人材を育てたいと語る佐賀大学医学部小児科学の松尾宗明教授。人材育成や今後の取り組みについて聞いた。

―小児科医にとって大切なことは。

 患者であるお子さんだけを診るのではなく、その家族を含めて、いろいろなことに配慮して診療することが大切だと思います。

 例えば、一人っ子だったり、きょうだいがいたり、あるいは両親のどちらかがいなかったりなど、子どもたちの置かれる立場は一人ひとり異なります。学生には、子どもだけでなく、家族ともきちんとコミュニケーションを取ることの必要性を伝えるようにしています。

 患者であるお子さんは、自分の言葉で訴えられないケースが多くあります。身体的なことだけでなく、精神的なことまで含めて、小児科医が感じ取らなければ成り立たないのです。若い小児科医には、一つ一つの経験を大切にして、その後の診療に生かしてほしいと思います。

 ただ、経験だけに頼るのも危険です。他の診療でも言えることですが、病気は治ったとしても、実はたまたま結果として良かっただけというケースも少なくありません。自分が行った治療方法に対して、何が良かったのか、冷静に客観的に評価する姿勢を持ち続けてほしいと思います。

 小児科医は子どもの総合診療医。さまざまな領域の知識を広く身につけておく必要があります。さらに、自分の守備範囲はどのぐらいで、どこから専門医に診てもらうのかを知っておくことも大切です。

―小児科医の魅力は。

 患者であるお子さんやそのご家族の成長の過程を時系列で見られることです。診療中、ワアワア泣いていたお子さんが中学生、高校生になって落ち着いてきて、しっかりした大人に成長していく。そんな過程を見ると本当にうれしい。「先生に診てもらったことがあるんですけど」と、患者さんが大人になって自分の子どもを連れて来られることもよくあります。

 自分が診た患者が医学生になり、医師や医学研究者になったという話を仲間の小児科医から聞いたことがあります。そこまでいくと医師冥利(みょうり)に尽きますね。

 学生の中には、子どもの頃にぜんそくやアレルギーなどで病院に掛かったことのある人も多い。そういった学生のモチベーションは高いものがあります。

 医学部の学生は、入学時、小児科医志望が結構多い。しかし、卒業時になると減ってしまいます。大学でさまざまな分野を学ぶうちに、それまで知らなかった他の診療科の魅力を知っていくのでしょう。小児科の魅力も、もっと学生に伝えることが、私の役割だと思います。

―地域における取り組みについて。

 小児疾患の予防啓発に力を入れています。例えば、佐賀県内の産科の先生たちに協力していただき、酸素モニターを使って心臓病スクリーニングを実施しました。

 赤ちゃんの心疾患をいち早く見つけ、治療にこぎつけることが目的です。同じように難聴などを起こしやすい先天性サイトメガロウイルス感染症のスクリーニングも始めました。

 また小児の在宅医療の仕組みづくりにも関わっています。小児科の先生は忙しいために、要望が多い在宅医療にまでなかなか手が回らないのが現状です。

 そこで一般の在宅医療をされている内科医や訪問看護師に小児の医療的ケアもお願いできるよう、小児在宅医療研修会を3カ月に一度のペースで開いています。まだ取り組み始めて1年強ですが、小児の在宅医療のネットワークが広がればと願っています。

佐賀大学医学部小児科学
佐賀市鍋島5―1―1
☎0952―31―6511(代表)
http://www.pediatrics.med.saga-u.ac.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる