九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

奈良県立医科大学 糖尿病・内分泌内科学講座 地域のニーズに応え 高い専門性を持った医師を育成

奈良県立医科大学  糖尿病・内分泌内科学講座 地域のニーズに応え  高い専門性を持った医師を育成

教授(たかはし・ゆたか)
1988年神戸大学医学部卒業。
兵庫県立柏原病院(現:県立丹波医療センター)、米セントジュード小児研究病院、
神戸大学大学院医学研究科糖尿病・内分泌内科学分野准教授などを経て、
2020年から現職。

 2020年6月に新しく開講された奈良県立医科大学糖尿病・内分泌内科学講座。その初代教授として神戸大学大学院医学研究科から新たに着任した高橋裕教授に、同講座における現在の取り組みや今後の展望について話を聞いた。

―講座開設の経緯を教えてください。

 奈良県立医科大学には、糖尿病・内分泌内科の独立した講座がありませんでした。2013年に奈良県の寄付講座として糖尿病学講座が設立され、石井均先生が教授を務められていました。一方、内分泌内科は内科学第三講座の中で活動をしていたのですが、寄付講座は期限が決まっていたこともあり、2020年6月に改めて糖尿病・内分泌内科学講座として再編新設され、私が初代教授として赴任することになったのです。

 その背景として、糖尿病・内分泌内科が高い専門性を求められる分野でありながら、奈良県では専門医の数が非常に少ないという事情があります。専門医が常勤する医療機関も限られており、患者さんをはじめとする社会的なニーズに応えることができていません。こうした現状を踏まえて、糖尿病・内分泌内科の専門医を育成することが、本講座の最も大きな役割であると捉えています。

―特徴は。

 糖尿病内科と内分泌内科は非常に近しい分野であり、一概に線引きをするのが難しいところがあります。例えば糖尿病の患者さんがバセド─病を発症した場合に、糖尿病内科から内分泌内科に送られるよりも、1人の医師が両方を診ることができた方が患者さんのメリットになります。また、その逆もしかりです。本講座では、その両方をしっかりと理解し、専門的な治療ができる人材の育成を目指しています。これは全国的な医学界全体の流れでもあり、専門医制度でも改革が進みつつあります。

 地域医療の観点から、学内だけでなく学外に対する情報発信にも力を入れています。

 奈良県内には糖尿病・内分泌内科の専門医、医療機関が少ないため、今までは治療が必要な患者さんが見逃されていたケースもあったかもしれません。かかりつけの先生方に、まずその病態や特徴を知っていただき、疑わしいことがあれば積極的に紹介していただきたいと思います。

 そのために、医師会の研修会やウェブ勉強会などを通じた啓発活動を実施しています。ウェブ勉強会では、全国から講師を招いて、さまざまな切り口から糖尿病・内分泌に関する理解を深めてもらえるオープンなプログラムを実施しています。

―求められる医師像は。

 糖尿病・内分泌学は特定の臓器だけでなく、全身を俯瞰的に診る必要があり、ある意味「内科らしい分野」であるともいえます。その病態を理解し、一つ一つひもといていくのは、まるで推理小説で謎を解き明かしていくような楽しさがあります。病態を考えるのが好きな医学生や若い先生にとってはやりがいがあり、知的な喜びを感じることができる分野ではないでしょうか。

 私が特に強調しているのは、リサーチマインドの大切さです。近年の研修医制度や専門医制度の変更で研究に携わる医師が減っているのは、非常に残念なことです。医学には限界があり、それを乗り越えていくためには研究によって壁を打ち破っていくしかありません。日々の臨床においても「なぜそうなるのか?」という本質を問い、自分で解決する力を養うためのリサーチマインドは絶対に必要です。

 そして糖尿病・内分泌内科では患者さんとの信頼関係を築きながら、一生付き合っていくことも少なくありません。コミュニケーション能力を含めた人間力が問われることもあり、そうした資質を持った人材を輩出することができる指導、教育を心掛けています。


奈良県橿原市四条町840 ☎︎0744ー22ー3051(代表)
https://naramed-endocrinology.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる