九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

大阪大学大学院医学系研究科 泌尿器科学 基礎研究に情熱を持ち 臨床・教育を担う若手を育成

大阪大学大学院医学系研究科 泌尿器科学 基礎研究に情熱を持ち 臨床・教育を担う若手を育成

野々村 祝夫 教授(ののむら・のりお)
1986年大阪大学医学部卒業。
東大阪市立中央病院(現:市立東大阪医療センター)、米国立衛生研究所(NIH)、
大阪大学大学院医学系研究科泌尿器科学准教授などを経て、2010年から現職。

 2021年で教室開設80年を迎える大阪大学大学院医学系研究科泌尿器科学。腎移植をはじめ前立腺がん、膀胱(ぼうこう)がんなど幅広い領域に取り組んでいる。2010年に就任し、長年、教室をけん引してきた野々村祝夫教授に、現状と今後の運営方針を聞いた。

―開設80年を迎えます。これまでの歩みを。

 1923年に開設された皮膚(泌尿器科)・花柳病学講座をルーツとし、1941年に泌尿器科学が分離独立。2021年で80年を迎えます。どこを始まりとするか同門会でも意見が分かれるところです。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる