九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

変化するニーズに合わせて多様なサービスを展開

変化するニーズに合わせて多様なサービスを展開

医療法人社団向陽会 阿知須同仁病院 西田 一也 理事長・院長(にしだ ・かずや)
1987年久留米大学医学部卒業、山口大学第一外科入局。
1992年山口大学大学院博士課程修了。
愛媛労災病院、米テキサス大学ガルベストン校留学、
阿知須同仁病院院長などを経て、2012年から現職。

 2025年問題をはじめとするさまざまな課題と向き合う中で、地域における病院のあり方にも変化が訪れている。例えば昨年、阿知須同仁病院は介護療養病棟を「介護医療院ひまわり」へ転換した。「地域に向けて多様なサービスを提供したい」。西田一也理事長・院長は語る。

―病院の特徴はどのような点でしょうか。

 当院は、大学病院や基幹病院とは少々離れた場所に立地しています。ですから一定程度の症例の治療は地域内で完結することが求められているのです。急性期から慢性期まで当院で対応できるよう、体制の整備に努めています。

 患者さんは高齢者が中心です。入院患者さんについては80歳前後の割合が大きいですね。高齢者に多く見られる慢性疾患や、難病患者の継続的な治療を目的に、医療療養病棟を備えています。通所・訪問リハビリテーションや訪問看護を取り入れることで、できるだけそれぞれの患者さんのニーズに応じた在宅支援も実施しています。また、企業や個人のほか、船員さんの健康診断業務なども担います。

 「」も設置しました。担当は山口大学医学部附属病院で「女性診療外来」の立ち上げにも携わった松田昌子先生です。診療は原則として予約制で、インターネット上での予約も可能です。これから伸びていく領域ではないかと思っています。


―最近の取り組みをお聞かせください。

 2018年11月、介護療養病棟を「介護医療院ひまわり」に転換しました。病室内にパーテーションを設けて開設しました。大掛かりな工事なども必要ありませんでしたから、スムーズに計画を進めることができましたね。

 介護医療院への移行の期間は国によって「2024年3月までに」と定められました。山口県によるバックアップが充実していることもあって、県内の医療機関の転換への動きは、全国的に見ても活発と言えるのではないでしょうか。

 当院は、循環器疾患や整形外科疾患の症例が多い点が特徴の一つです。より良い医療を提供していくために、CT検査のシステムや、頸椎・腰椎のけん引装置を更新しました。

 院外活動としては当院の近隣にある施設で開催される大規模なイベントに関わっています。そこで医療サポートを提供できることも良い経験だと思います。


―地域との連携をどのように図っていますか。

 大学病院や基幹病院で急性期の治療を終えた患者さんを受け入れ、また、クリニックからのご紹介にも対応します。他の医療機関から依頼されたMRI検査やCT検査なども行います。

 ご自宅から直接入院していただくケースだけでなく、介護老人保健施設から入院される患者さんも多くいらっしゃいます。密な連携と協力体制が整いつつあるという手応えが
あります。

―最後に、今後の運営の方針をお聞かせください。

 これからも、地域の方々に向けて多様なサービスとケアを充実させていきたいと思っています。その一環として、在宅での健康管理をサポートするために訪問診療や往診に力を入れていく予定です。

 また、治療のオプションや、病状の変化に応じて必要となる支援サービスを検討するための医療相談の強化を図ります。当院は高齢の入院患者さんが多いため、入院期間が長期化する傾向にあります。それに伴って、患者さんの精神的な負担も大きくなります。

 この負担を軽減するためにも、今後医師やケアマネジャー、医療ソーシャルワーカーを適切に配備し、包括的なケアができるよう努めていきたいと思っています。。


医療法人社団 阿知須同仁病院
山口市阿知須4241─4
☎0836─65─5555(代表)
http://www.ajisudohjin.com/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる