九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域医療を守るために人材確保や連携をより強化

地域医療を守るために人材確保や連携をより強化

医療法人慶明会 おび中央病院
松尾 佳一郎 院長(まつお・けいいちろう)

1987年宮崎医科大学(現:宮崎大学医学部)卒業。
宮崎市立田野病院健康管理部病院診療課課長、百瀬病院などを経て、2014年から現職。

 城下町の面影が残る、宮崎県の小京都・日南市飫肥地区。観光地として活気はあるものの地域の高齢化は進んでいる。一時はこの地域に入院可能な医療機関がなくなる危機もあったが、11年前に医療法人慶明会がおび中央病院を開院。地域住民の生活を守る医療と介護の在り方に模索を続ける、松尾佳一郎院長に聞いた。

―慶明会は2019年に50周年を迎えました。

 慶明会は、生活に欠かせない「目」の診療を軸に、地域の人々の生活を助けたいという初代の土屋勇満先生の志を出発点に、患者さんや地域の人々に支えられながら続いてきました。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる