九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域医療の核としてあらゆる泌尿器疾患に対応

地域医療の核としてあらゆる泌尿器疾患に対応

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科腫瘍学講座泌尿器科学分野
榎田 英樹 准教授(えのきだ・ひでき)

1992年鹿児島大学医学部卒業。鹿児島市立病院泌尿器科、
出水市立病院(現:出水総合医療センター)泌尿器科、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科腫瘍学講座泌尿器科学分野講師などを経て、2012年から現職。

 鹿児島県内の地域医療の核として、あらゆる疾患の治療を行っている鹿児島大学・泌尿器科学分野。腎臓移植や小児泌尿器疾患などのスペシャリストをいかに育成しているのか、また基礎研究への取り組みなどを、医局長を兼任する榎田英樹准教授に聞いた。

─医局の特徴、強みは。

 現在、医局には18人、関連病院に出向している医師を含めると40人弱が在籍しています。

 一般的に泌尿器科は排尿障害とがんの治療を主としていますが、当科は腎臓移植、血液透析を含む血液浄化治療、小児の先天奇形や不妊の治療など、幅広く行っています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる