九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

地域医療に貢献し続ける

地域医療に貢献し続ける

獨協医科大学病院
病院長(くぼた・けいいち)

1981年東京大学医学部卒業。
スウェーデン・カロリンスカ研究所移植外科研究員、
東京大学医学部附属病院肝胆膵外科、
獨協医科大学病院副院長などを経て、2020年から現職。
獨協医科大学第二外科主任教授兼任。

 栃木県のほぼ中央、壬生町にある獨協医科大学病院は、1195床の病床を擁する。2020年4月、病院長に就任した窪田敬一氏は、より高度な医療を提供しつつも、地域と連携し、「優しい病院」を目指したいと語る。

移植医療など新しい治療に挑む

 栃木県の特定機能病院であり、地域の基幹病院としての責務を担う獨協医科大学病院。その役割の一つである救急医療に関しては、栃木県のドクターヘリの基地病院になっている。県内のみならず茨城県、群馬県、埼玉県北部の3次救急をフォローする体制を整えており、救命率の向上や後遺症軽減に貢献している。

 「災害時に、すぐに対応できる医療チームを準備しているほか、がん治療・研究などに関しても、地域の中心的な存在として日々取り組んでいます」と、窪田病院長は語る。

 臨床面の主な特徴としては、移植医療が挙げられる。生体膵移植、膵腎同時移植、肺移植など積極的に取り組んでおり、特に生体膵移植に関しては関東でも少ない認定施設の一つとなっている。「今後は糖尿病患者さんの治療法の一つとして、膵移植を積極的に提案したいと考えています」

 2020年の5月に設置した「脳卒中ケア・ユニット」も注目されている。脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの患者さんに対して、迅速かつ濃密な対応ができる体制が整った。

 さらに今後も果敢な挑戦を続けていきたいと語る。「特に多領域でロボット手術を導入することは今後の大きな目標の一つです。加えて、医療安全の面でも新規医療技術、新規医療機器、未承認薬の使用などについて、しっかり対応し、大学病院として、新しい医療を安全に提供できればと考えています」

地域と連携し、「優しい病院」に

 2018年に「地域連携・患者サポートセンター」が立ち上がり、そこに入退院サポート部門、医療福祉相談部門、医療連携部門が設置された。以降、各部門が積極的に活動することで、患者さんの受け入れ、転院、退院などの管理がスムーズになり、同時に地域の医療機関との病診・病病連携も強固なものになりつつある。

 さらに、新たな医療連携体制の構築として、2013年から「Dokkyo Allia
nce Clinics&Hospitals(DACH)」が進められている。

 「これは地域の医療機関と当院が、互いに連携体制を強化し、地域医療に貢献することを目指すものです。幸い、近隣の開業医の先生には当大学の卒業生が多く、中には地域の医師会で主要なメンバーになっている先生もいらっしゃるため、DACHの活動は円滑で緊密なものになっています。これからも〝顔の見える連携〟を心がけて、地域医療を守りたいと考えています」

 病院全体の方針として「優しい病院」を目指している。患者さんが十分に納得して医療を受けられるよう、インフォームドコンセントを徹底する方針だ。「当院は、もともと優しい医師やスタッフがそろっており、患者さんと気軽に話せる環境を大切にしています。その強みをさらに伸ばしていきたいですね」

「第62回日本消化器病学会大会」に向けて

 窪田病院長は、2020年11月5日~7日に開催される「第62回日本消化器病学会大会」で、会長を務める。「これは五つの学会が力を合わせて開催する『第28回日本消化器関連学会週間』の一つです。今回は、欧米の著名な教授の講演や、特に大腸の研究・治療法に関しては数多くのセッションを予定しています。COVID―19の影響で流動的な面はありますが、開催に向けて準備を進め、大会を成功させたいと思います」

獨協医科大学病院
栃木県下都賀郡壬生町北小林880 ☎️0282ー86ー1111(代表)
https://www.dokkyomed.ac.jp/hosp-m/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
Close Menu