九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域包括ケア病棟に全転換 地域へのさらなる貢献を

地域包括ケア病棟に全転換 地域へのさらなる貢献を

医療法人 笠寺病院
春日井 貴雄 理事長・院長(かすがい・たかお)
1982 年名古屋市立大学医学部卒業。
同大学病院、国民健康保険上矢作病院副院長、
笠寺病院外科部長などを経て、2017年から現職。

 名古屋市南区にある笠寺病院は、2018年に全ての病棟を地域包括ケア病棟に転換し、大きな注目を集めている。理事長・院長の春日井貴雄氏は次なる展開として、24時間の在宅医療と、大学病院との連携強化などを進め、地域全体の医療体制をさらに強固なものにしようと考えている。


―理事長・院長就任から現在までの主な取り組みは。

 高度急性期病院と在宅医をつなぐ、地域医療の軸となるような病院を目指してきました。その取り組みの一つとして、2018年に全128床を地域包括ケア病棟に転換しました。ポストアキュート、サブアキュートを担う機能が強化され、地域での当院の役割がより明確になったと思います。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる