九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

地域住民との連携で構築 超高齢社会の医療提供モデル

地域住民との連携で構築 超高齢社会の医療提供モデル

公立森町病院
中村 昌樹 院長(なかむら・まさき)

1985年浜松医科大学医学部卒業。
同第二外科、国立療養所天竜病院(現:国立病院機構天竜病院)、
公立森町病院外科部長、同副院長などを経て、2002年から現職。

 隣接地には森町家庭医療クリニックが建ち、入院医療は公立森町病院が、外来と在宅医療は同クリニックが担う。総合診療専門医のサブスペシャルティに当たる日本プライマリ・ケア連合学会認定「家庭医療専門医(家庭医)」も養成。地域の公立病院の可能性とは。

─現在に至るまでの診療体制構築の変遷は。

 当院は、人口約1万8000人の森町が単独で運営する公立病院です。生活圏内で総合的な医療を提供しようと、機能分化と地域連携を柱に急性期、回復期リハビリテーション、地域包括ケアの3病棟を運営しています。

 私は現在の病院建物が完成した1997年に赴任。当初は急性期に力を入れようと、地域連携室の充実や、退院支援部門を設立、医療と介護の役割分担を明確にし、連携を密にしようと考えました。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる