九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域の医療ニーズに応え選ばれ続ける病院に

地域の医療ニーズに応え選ばれ続ける病院に

社会福祉法人恩賜財団済生会支部
鳥取県済生会境港総合病院

佐々木 祐一郎 病院長(ささき・ゆういちろう)
1993年川崎医科大学医学部卒業。鳥取県立中央病院、
十字会野島病院を経て、2002年鳥取県済生会境港総合病院に入職。
同院副院長兼診療部長などを経て、2021年から現職。

 鳥取県境港市唯一の総合病院である鳥取県済生会境港総合病院。新型コロナウイルス感染症に対応しながら、救急から回復期リハビリテーションまで幅広い領域を網羅している。佐々木祐一郎病院長に、今後のビジョン、2027 年開院予定の新病院について聞いた。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる