九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域のニーズに応える 人材育成と先進医療を提供

地域のニーズに応える 人材育成と先進医療を提供

島根大学医学部内科学講座 呼吸器・臨床腫瘍学
磯部 威 教授(いそべ・たけし)
1986年広島大学医学部卒業。米MDアンダーソンがんセンター客員助教授、
島根大学医学部内科学講座教授(がん化学療法教育学)などを経て、
2012年から現職。先進医療管理センター長、がんゲノム医療センター長兼任。

 島根大学医学部内科学講座呼吸器・臨床腫瘍学の礒部威教授は、講座運営の傍ら、がんゲノム医療を含む先進医療を推進する各種センターの責任者を兼任。さらには、2021年6月、日本結核・非結核性抗酸菌症学会理事長にも就任した。


―講座の現状は。

 入局者が増え、近隣の施設に、常勤医を派遣できる体制が整ってきました。2021年4月には、大田市立病院の呼吸器内科に常勤医を派遣。ここは、私の同級生の親友が研修をした思い出深い場所なのですが、長年、呼吸器内科は非常勤のみで、市民の方に不便をお掛けしていました。ちょうど新型コロナウイルスの陽性患者が急増していた時期で、この病院が受け皿となり、多くの患者さんが重症化することなく退院されました。県内の感染拡大防止にも貢献できたのではないかと思います。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる