九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域に求められる病院であるために

地域に求められる病院であるために

有田市立病院
島 幸宏 病院長(しま・ゆきひろ)
1997 年自治医科大学医学部卒業。
和歌山県立医科大学附属病院高度救命救急センター、
国立病院機構南和歌山医療センター救命救急科などを経て、2024年から現職。

有田市立病院(和歌山県有田市)は指定管理者制度に移行して約1年が経過し、2026年度には新病院開院を控える。24年1月に病院長に就任した島幸宏氏は、どのように手腕を発揮して地域に貢献していくのだろうか。

記事に関する感想・コメントはこちらから

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
メニューを閉じる