九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

地域にあり続け 手厚いケアができる病院に

地域にあり続け 手厚いケアができる病院に


医療法人公和会 小野病院
横須賀 公彦 理事長・院長(よこすか・きみひこ)
2001年川崎医科大学医学部卒業。同大学病院脳神経外科講師、
米カリフォルニア大学サンフランシスコ校留学などを経て、
2019年から小野病院院長、2021年から同院理事長。

 開設以来、40年以上にわたり佐賀市で地元密着型の病院として地域医療に貢献してきた「医療法人公和会 小野病院」。理事長・院長の横須賀公彦氏は2023年の新病院完成を見据え、高い専門性を生かしながら地域のニーズに即した病院づくりを進めている。

―病院の概要は。

 当院は、私の祖父が佐賀市内に開業しました。開業以来地域に密着した病院として患者さん一人一人に向き合い、2019年に私が4代目院長に就任しました。現在は脳神経外科、整形外科、内科などの各診療科で、4人の常勤医師と2人の非常勤医師が地元の患者さんに幅広い医療を提供するとともに、2次救急医療機関としても地域に貢献しています。

 私自身は川崎医科大学を卒業後、脳神経外科医として大学病院で臨床・研究を行い、講師として学生の教育も行ってきました。特に神経内視鏡手術を多く手掛けてきた実績があり、佐賀大学医学部附属病院での臨床支援や指導を通じ、これまでの経験を佐賀の医療現場にフィードバックしたいと考えています。

―8月に頭痛外来を開設しました。

 地域に密着した医療を提供するという基本理念はこれまでと変わりませんが、私が院長に就任してからは、脳神経外科医として専門性を生かした医療に力を入れています。

 その一つが、頭痛外来の開設です。国内では3人に1人が頭痛に悩んでいるとされていますが、医療機関で治療を受ける人は少ないのが現状です。全国的に頭痛専門医の数自体が少なく、佐賀県も同様の傾向にあります。

 片頭痛など慢性的な頭痛に悩む患者さんに対して適切な診療を行うことができれば、毎日の生活を改善することにつながります。また、うつ病など他の疾患との関連性もあるので、たかが頭痛と考えずに積極的に受診してもらえるように間口を広げていきたいですね。

 21年、片頭痛の発生機序に直接作用して発症を抑える治療薬「抗CGRP抗体」が登場し、高い効果が期待されています。まだ一般的にはあまり知られていない新薬なので、必要な人に情報が届くように、これからは広報、啓発活動も積極的に行っていきます。

 脳神経外科として力を入れているもう一つの柱が、脳ドックです。一般的な健康診断より精密な検査ができる人間ドックはかなり普及してきましたが、脳ドックを受診する人はまだ少ないと感じています。当院ではより精度の高い診断を目指し、1・5テスラMRIによる検査で、脳神経外科専門医と放射線科の医師の読影で二重にチェックしています。脳や血管の危険因子を早期に発見することで、認知症や脳卒中、脳腫瘍などの疾患の発症や進行を防ぐことができるので、発症リスクが高まる50代から受診することを勧めています。

 脊椎外来では椎間板ヘルニアの患者さんに対して、「椎間板内酵素注入療法」を行っています。椎間板内に薬剤を直接注入してヘルニアによる神経の圧迫を抑える治療法で、県内では数少ない実施医療機関となっています。

―新病院の計画について。

 当院の現在地の近くに新病院を建設して移転する計画を進めており、22年1月に着工、23年春に完成予定です。現在は90床の一般病床で急性期から回復期まで診ていますが、新病院では一部を地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟に転換する方針です。
   
 手術室を増設して全身麻酔手術にも対応できる設備を整え、整形外科部門でさらに充実した治療を提供していきたいと考えています。

 「地域に根差したかかりつけ病院」というコンセプトを貫き、より患者さんにとって利用しやすく、困った時に手厚いケアができる病院を目指します。

医療法人公和会 小野病院
佐賀市巨勢町牛島244―7
☎0952―24―3371(代表)
https://www.onohospital.com/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる