九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

地域と共に成長する病院であり続けたい

地域と共に成長する病院であり続けたい


院長(かとう・まさと)

1979年鹿児島大学医学部卒業。九州大学医学部病院(現:九州大学病院)第一外科、
国家公務員共済組合連合会浜の町病院、唐津赤十字病院などを経て、2016年から現職。

 佐賀県小城市の中核病院として、地域の医療を守り続けてきた「ひらまつ病院」。2015年の新築移転とともに医療機能を強化し、より地域のニーズに応えるべく取り組んでいる。その先頭に立つ加藤雅人院長に現状と展望を聞いた。

─病院の特徴は。

 当院は、佐賀県の県庁所在地・佐賀市から西方約10㌔に位置する小城市にあります。診療所から始まり、1983年に病院へ改組、2015年9月に現在の場所に新築移転しました。病床数は190床、一般病棟、回復期リハビリテーション病棟、療養病棟を持つケアミックス病院として幅広い医療を提供しています。 

 法人全体では、在宅療養支援診療所や介護施設も運営していますので、医療から介護への移行もスムーズです。患者さんの状態や状況に合った医療を提供できるように、ひらまつ病院を中心とする地域包括医療の構築に取り組んでいます。

―診療について。

 院長就任以来、医療機能の強化を図ってきました。2016年4月からは、外科スタッフを増員し、最先端の医療機器を整備してハイレベルな内視鏡手術を開始しました。胃がんや大腸がん、肺がんだけでなく、胆石症やヘルニアなどの良性疾患にも対応しています。また私が長年抗がん剤治療に取り組んできたこともあり、2018年には外来化学療法室を設置し、先端の抗がん剤治療ができる環境を整えました。

 同時期に透析センターを開設しています。救急は断らないをモットーに、年間800台前後の救急車を受け入れ、24時間緊急手術も可能です。ハイケアユニット(HCU)病床も設けており、重症の患者さんや術後管理もしっかり行っています。こうした取り組みにより、最近では、地域の先生からの紹介も増えてきており、当院への信頼が増してきていると実感しています。

─人材育成について。

 院長就任後から、人材育成には非常に力を入れてきました。どんなに優れた医師がいたとしても、それを支える看護師や栄養士など、メディカルスタッフにスキルがなければ本当に良い医療は提供できません。

 看護師は、レベルアップのための研修に毎年2人ほど参加しています。研修には多くの医療機関から看護師が集まってくるので、大変刺激を受けているようです。

 さらに、若い医師のパワーもあればと、佐賀大学医学部附属病院の協力型病院として2018年から地域医療の分野で研修医を派遣していただいています。1年目は2人でしたが、2年目は5人、2020年には6人派遣される予定です。当院のベテラン医師には、「自分が育ててもらったように若い医師を育ててください」とお願いしています。研修医を育てることは刺激にもなり、医療への新たな意欲が生まれることを期待しています。

 ここ数年は、職員の努力のおかげで患者数・手術数・入院者数がいずれも増加しています。その努力を正当に評価するため、2020年度から人事評価制度を導入する予定です。モチベーションアップの動機付けにできればと思っています。

─今後の展望は。

 診療科を増やし、地域の医療ニーズに応えられる病院でありたいと思っています。将来的には、高度医療の提供も検討しています。

 また、当院は野球部、バスケットボール部などスポーツ活動を支援しています。陸上部は、2018年から3年連続で全日本実業団対抗駅伝競走大会に出場。働きながらスポーツを続けたいという人に活動の場を与え、その活躍によって地域を元気にする。これは理事長のライフワークでもあります。

 2020年4月には、院内保育とは別に、新しく病児保育施設を開設。地域と共に成長する病院として、さらに成長していきたいと思います。

医療法人 ひらまつ病院
佐賀県小城市小城町1000─1
☎0952─72─2111(代表)
https://www.hiramatsu-hp.or.jp

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる