九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

医療から生活まで支えられる存在を目指す

医療から生活まで支えられる存在を目指す

社会医療法人帰巖会 松尾 則義 理事長(まつお・のりよし)
1983年熊本大学医学部卒業。
国立都城病院(現:独立行政法人国立病院機構都城医療センター)、
社会医療法人財団天心堂へつぎ病院、帰巖会みえ病院院長などを経て、
2013年から現職。

 帰巖会は1885年に開設した岡本醫院がルーツ。明治の時代から、地域に根差した存在として歴史を重ねている。2013年に就任した松尾則義理事長が打ち出したのは、切れ目なく医療と介護を提供するための積極的な組織改革。体制の整備を着々と進めてきた。大分県南西部を支える同法人に、地域が寄せる信頼は厚い。

―近年の動きについて教えてください。

 一つは2015年に社会医療法人の認可を得て、2次救急医療機関に指定されたことです。

 当法人が運営する「みえ病院」(豊後大野市)では、市内の救急患者の受け入れに努めています。また質の高い医療、介護、そして福祉の包括的な支援を目指し、訪問診療、訪問介護も積極的に行っています。

 ここ数年間で「直耕団吉野診療所」(大分市)、「あさじ町クニック」「みえ記念病院」(いずれも豊後大野市)の三つの医療機関と統合。さらなる地域貢献を見据えて機能の幅を広げてきました。

 2017年には私が院長を兼任して「臼杵病院」(臼杵市)をオープンしました。同年、大分市内にある「八宏会有田胃腸病院」と業務提携。医師、看護師などを派遣しています。

 当法人が有する施設としては、まず入所48床、ショートステイ10床、定員70人の通所デイケアを有する介護老人保健施設「泉の里」、定員59人の有料老人ホーム「青いみちIKI」。そして、定員13人の認知症専用老人ホーム、定員50人の認知症デイケアを展開している「おれんじ館」があります。

 現在、みえ記念病院の40床をみえ病院に移転する工事を進めているところです。完了は今年の秋ごろを予定しています。

―在宅の後押しを強く意識されていますね。

 みえ病院の平均在院日数は14日前後。当法人内の老健施設などとの連携の下、なるべく早期の自宅復帰を方針に、在宅サポートへと移行します。

 退院された後のフォローに注力し、訪問診療、介護、リハビリによって、住み慣れた環境で少しでも長く過ごしていただくことを目指しています。

 私自身の専門は外科。長くがんの手術に関わってきました。「最期は自宅で迎えたい」。経験を重ねる中で、そう願う末期がんの患者さんたちが少なくないことを感じていました。

 患者さんの要望に応えるためには訪問診療、在宅介護が重要であると位置づけて力を入れてきました。訪問リハビリについては、当市に隣接する竹田市内にもサテライト事業所を設置してカバーしています。

―地域住民への送迎サービスも行っています。

 地方における問題の一つとして独居老人が多く、病院や買い物に行きたくても行けない方が増えているという現状があります。

 そこで帰巖会では、独自の送迎サービスを導入。できるだけ広い範囲の方々に定期健診や診療の足として活用してもらうことを狙いとしています。

 ただ、寝たきりなどの方については送迎側のマンパワーの不足を背景に、まだ十分に対応できていない面もあります。

 また、買い物など、日常生活の支援サービスについても模索してきました。ここでも、やはりコストと人材不足の問題が大きく立ちはだかっています。

 これらをどうやって解決すればいいのか。行政と医療機関が一体となった取り組みが必要ではないかと考えています。

―実現したいことは。

 私は医師を志した頃から、へき地をはじめとした地域医療に従事したいと考え、現場でさまざまなことを学んできました。

 その集大成としてイメージしているのは、シェアハウスのような医療施設。その思いを後進へ伝えていきたいと考えています。

社会医療法人帰巖会(みえ病院内)
大分県豊後大野市三重町赤嶺1250─1
☎0974─22─2222(代表)
http://www.kigankai.or.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる