九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

医工連携活発に、障害者スポーツのサポートも柱

医工連携活発に、障害者スポーツのサポートも柱

羽田 康司 教授(はだ・やすし)
1991年筑波大学医学専門学群卒業。
米アイオワ大学留学、帝京大学医学部リハビリテーション科准教授、
筑波大学附属病院リハビリテーション部長などを経て、2019年から現職。

 リハビリテーションの専門医ら7人の医師と、60人を超えるセラピストら豊富な人材を擁する筑波大学のリハビリテーション医学。羽田康司教授に医工連携の取り組みや、教育面で重視していることなどを聞いた。


―医工連携が活発です。

 当大学のシステム情報工学系と共同研究を盛んに行っています。システム情報系の鈴木健嗣教授を中心とするグループとは、毎月定例のカンファレンスを実施しています。最近の取り組みでは、車いすユーザーが立位状態で移動できる電動車いす「Qolo(コロ)」が、下肢まひ者向けの補装具の開発を支援するトヨタ・モビリティ基金などによる世界コンテストの最終候補に選ばれました。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる