九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

効率化と技術の進展で外科医不足への対策を

効率化と技術の進展で外科医不足への対策を

能城 浩和 教授(のしろ・ひろかず)
1985年九州大学医学部卒業。九州厚生年金病院
(現: 独立行政法人地域医療機能推進機構九州病院)外科部長、
佐賀大学医学部一般・消化器外科学講座准教授などを経て、2010 年から現職。

 消化器外科領域で手術支援ロボット・ダビンチをいち早く導入するなど、現在まで多くの実績を上げてきた佐賀大学の一般・消化器外科学講座。講座を率いる能城浩和教授は、外科医不足と言われる中で、新しい医療体制の形を模索している。


―外科医に求められる資質や適性とは。

 外科医は患者さんの身体にメスを入れる以上、それに見合う結果を確実に残さなければなりません。有効な治療になり得るという確信のもと、絶対に治すことができる技術で手術に臨まなくてはいけない。そのためには外科医としての覚悟と、最新医学に通じた知識と技術を習得する努力が必須です。

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる