九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

全員で立ち向かう意義 自ら繰り返し伝え続ける

全員で立ち向かう意義 自ら繰り返し伝え続ける

独立行政法人国立病院機構 岡山医療センター
久保 俊英 院長(くぼ・としひで)
1984 年岡山大学医学部卒業。国立岩国病院
(現:国立病院機構岩国医療センター)、岡山市立市民病院、
岡山医療センター副院長などを経て、2019 年から現職。

 岡山県南東部の中核病院の岡山医療センターは、新型コロナウイルス感染症に流行初期から組織一丸で対峙(たいじ)してきた。職員のモチベーションを維持するための取り組みについて、久保俊英院長に聞いた。


―これまでの取り組みは。

 当院のコロナ対策は、2020年1月24日に岡山市保健所長が当院に来訪してから始まりました。当院は県の小児医療の基幹病院で、小児の優先受け入れを要請されました。当時、県内では成人も含めて患者はまだいませんでしたが、小児は重症化する懸念もあり、私はその場で快諾。院内の管理診療会議で、公的病院の使命として小児に限らずコロナ患者を受け入れる方針を職員に通達しました。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる