九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

働きやすい病院づくりで人材の確保や育成が充実

働きやすい病院づくりで人材の確保や育成が充実

医療法人協治会 杠葉病院
上田 康雄 院長(うえだ・やすお)

1978年長崎大学医学部卒業。
大分県立病院、長崎大学医学部附属病院(現:長崎大学病院)、
日本赤十字社長崎原爆病院副院長などを経て、2017年から現職。

 医療機関の「働き方改革」が迫られる中、いち早く、働きやすい病院づくりを実践している医療法人協治会杠葉病院。人材確保のために行った数々の施策が認められ、「ユースエール認定」や「長崎県誰もが働きやすい職場づくり実践企業」の認定も受けている。

―働きやすい病院づくりを進めていらっしゃいます。

 私自身は、これまで勤務していた病院で、医師や職員の負担軽減に取り組んできました。日本赤十字社長崎原爆病院では、医師の外来負担を軽減するため病診連携を推進。また、病棟の負担軽減のため、入退院支援センターを立ち上げた経験があります。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる