九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

信頼関係を構築し求められる役割を担う

信頼関係を構築し求められる役割を担う

独立行政法人国立病院機構 呉医療センター・中国がんセンター
下瀬 省二 院長(しもせ・しょうじ)

1985年広島大学医学部卒業。広島大学大学院准教授、
呉医療センター統括診療部長などを経て、2019年4月から現職。

 1889年、呉海軍病院として創設され、終戦で連合軍に接収された後、国立呉病院として発足。2004年に独立行政法人国立病院機構に移行した呉医療センター・中国がんセンター。創設から130年という節目の年に、下瀬省二新院長が就任した。

―長い歴史のある病院だそうですね。

 当院は、海軍病院からスタートした病院です。国立病院機構の病院の中でも大規模な病院で、37診療科、地域がん診療連携拠点病院、地域周産期母子医療センター、災害拠点病院などの機能を有しています。今年4月には、がんゲノム医療連携病院にも指定されました。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる