九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

今月の1冊-92.小説 ブラック・ジャック

今月の1冊-92.小説 ブラック・ジャック

 

 「この手術代はすべてひっくるめておまえさんに請求するから、そのつもりでいろよ。そうだな、ラーメンを一杯おごってもらう」

(第1話「B・J vs AI」より)

  他人を「おまえさん」などと呼び、こんな粋なセリフを残して立ち去る医師といえば、あの人しかない。高額な報酬と引き換えに神業とも評される医療技術を駆使するブラック・ジャック(B・J)。物語の舞台を現代に移したこの小説版では、最先端の医療と天才外科医が対峙(たいじ)する様子が描かれている。

 作者は、現代科学やホラーを題材とした作品を得意とする瀬名秀明氏。東北大学大学院を修了した薬学博士でもある。

 「AIを搭載した自律的な手術が可能な医療ロボット」「iPS細胞」「終末期医療」などを切り口に、全5話を収録。「先生(ちぇんちぇい)のおくたん」であるピノコ、「死神の化身」と呼ばれるドクター・キリコなど、おなじみの登場人物(に加えて、さまざまな手塚作品のキャラクターたちも!)らが、医学界に一石を投じるヒューマンドラマを演じる。

 新しい技術や考え方が社会に提示されたとき、必ず議論が起こる。医療のことならなおのこと。倫理的に問題はないのか。危険ではないのか。もしものときは誰が責任をとるのか─。小説B・Jでも、さまざまな意見がぶつかり合う。

 ネタバレのため詳細は書けないが、例えばB・JとAIの関係は、いい感じに予想を裏切られた。世の中をいい方向に進めていくために、人間は医療とどう付き合うべきか。B・Jの言葉には、常に真実が宿っている気がする。 (瀬川)

小説 ブラック・ジャック
瀬名秀明 著  手塚治虫 原作
誠文堂新光社 296頁 1500円+税

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

コメントはこちらから

メニューを閉じる