九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

人間と向き合える医師が集まる病院にしたい

人間と向き合える医師が集まる病院にしたい

朝日大学病院
大橋 宏重 病院長(おおはし・ひろしげ)
1971年岐阜大学医学部卒業、1978年同大学院医学研究科第2内科修了。
岐阜県立岐阜病院、岐阜県総合医療センター副院長などを経て、2012年から現職。
朝日大学病院腎臓内科教授を兼任。

 長く「村上さん」と呼ばれて地域の人々に親しまれてきた朝日大学歯学部附属村上記念病院は、2018年4月に「」として新たなスタートをきった。名称が変わっても「患者さんを第一に考えた診療をする。その姿勢を忘れてはいけない」。大橋宏重病院長が語る通り、まっすぐな思いは脈々と受け継がれている。

─あらためて名称変更の経緯を教えてください。

 朝日大学の前身は、1971年に開設した岐阜歯科大学。同年5月に岐阜歯科大学附属病院がオープンしました。

 1973年、岐阜市若宮町にあった村上外科病院が本学に寄附されました。岐阜歯科大学附属村上記念病院として開設し、現在地への移転を経て、1985年の大学名の改称に伴って朝日大学歯学部附属村上記念病院となったのです。

 学部が増えるなど大学の規模が広がっていく中、2018年、朝日大学穂積キャンパスにあった岐阜歯科大学附属病院と村上記念病院の機能を統合。「」となりました。

 穂積キャンパスの「医科歯科医療センター」では内科系の外来診療と、救急まで含めた歯科の外来診療を提供しています。重症患者や入院が必要なケースについては、朝日大学病院で受け入れます。また、歯学部の実習についても当院で実施します。

─強みはどこにあると捉えていますか。

 岐阜歯科大学を始まりとしていますので、やはり一つはさまざまな専門性をもつ歯科医師が勤務し、幅広い領域をカバーできる点でしょう。細分化された知識と技術を用いて、疾患をより深い部分まで診療することができます。

 入院患者さんの口腔ケアについては歯科と内科が連携して対応。口腔内を清潔に保つことで、さまざまな疾患の予防につながることが分かっています。こうした診療科を越えた協力体制は、当院の特徴の一つだと思います。また、当院から徒歩10分ほどの場所には「PDI岐阜歯科診療所」があります。

 このように歯科医療を積極的に推進しているとともに、もう一つ、総合健診センターの質の向上にも力を入れています。内視鏡検査は内視鏡専門医、脳ドックは脳神経外科専門医、乳がん検診は乳腺外科の医師が担当するなど、各領域の現場で活躍しているドクターによる検査が基本方針。今後、医療機器の充実などを図り、より幅広い検査に対応できる体制をつくっていきたいと考えています。

─人材育成については。

 現在、当院に勤務する医師において、専門医の占める割合は75%ほどです。外科系、内科系両方の専門医を取得しているドクターもいます。例えば内科的な思考で、外科的な手技を発揮して対応できる。そんな全人的な診療能力が、これからの時代はますます求められていくのではないかと考えています。

 歯科医師にも、一般内科的な診療が期待される場面が増えています。さまざまな知識の修得が必要ですから、歯学部や保健医療学部看護学科の学生たちに、内科系の実習の機会を提供しています。

─どのようなことを大切にされていますか。

 救急搬送も含めて、当院を訪れた患者さんを、すべて受け入れて診療する。当院の都合で医療を受けることができなかった、そんな患者さんがいない病院にする。この姿勢を大事にしたいということです。

 心身の不調を訴える患者さんは、つらい思いをなんとかしてほしいと思って当院にやってきます。困っている人、苦しんでいる人に対して、どんな手を差し伸べることができるか、全力を尽くすのが私たちの役割。臓器だけでなく、患者さんとしっかりと向き合って人間を診る。そんな医師が集まる病院を目指します。


岐阜市橋本町3─23
☎058─253─8001(代表)
https://www.hosp.asahi-u.ac.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる