九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

人を助ける道に

人を助ける道に

独立行政法人国立病院機構 南九州病院
病院長(くぼた・いちろう)

1986年宮崎医科大学医学部(現:宮崎大学医学部)卒業。
九州がんセンター、国立療養所(現:国立病院機構)南九州病院呼吸器外科部長、
同副院長などを経て、2020年から現職。鹿児島大学医学部臨床教授兼任。

 2020年4月に「リーダー(病院長)とは、目標ではなく、手段である」との思いで病院長を拝命しました。2004年度に独立行政法人化されて以来、初めての赤字経営となった南九州病院を何とか立て直したいとの思いでした。

 ところが、新型コロナウイルス感染症による患者数の激減、診療報酬改定に伴う一般病棟入院基本料の大幅な減収など、大きな逆風の中でのスタートになってしまいました。しかし、目の前の大きな障害のみに目を奪われず、南九州病院が進むべき目標をしっかりと見据えて進んで行きたいと思います。

 年度初めに、私は次の三つの目標を上げました。

①経営改善
②良質で安全な医療の推進
③働き方改革とハラスメント防止
With Love

 この三つの目標の最後に「with Love」という言葉を付け加えました。「Love」とは、「患者さん」に対する「愛」、「当院の職員」に対する「愛」、「南九州病院」に対する「愛」、「鹿児島県姶良市という地域」に対する「愛」、そして、「自分自身の仕事」に対する「愛」です。

 職員には常に「愛」を持って日々の業務に当たってほしいと伝えています。「with Love」は、当院の院是である「病む人に学ぶ」に通じる言葉だと思います。

 私は大分県臼杵市出身です。地元の大分県立臼杵高校を1978年に卒業しました。医師になったきっかけなどは特にありませんが、漠然と、人から必要とされる仕事、感謝される仕事がしたいという気持ちがありました。家族、親戚にも医師はおらず、本やテレビでみた医師のイメージに憧れていたのでしょう。

 医学部受験に失敗し、某大学の工学部建築学科に入学しましたが、医師への道があきらめきれず、中退して1980年、当時の宮崎医科大学医学部に入学しました。1986年に卒業、同大学第二外科に入局しました。当時助教授をされていた柴田紘一郎先生にご指導いただき、呼吸器外科医になりました。柴田先生は、シンガーソングライター であるさだまさしさんによる「風に立つライオン」のモデルになった先生です。

 宮崎県内の病院や福岡の九州がんセンターなどで臨床の勉強をして、1990年に宮崎医科大学の大学院に入学。医学博士の学位取得後、1995年に南九州病院に赴任し、以後約25年間、南九州病院で呼吸器外科医として診療してきました。

 南九州病院は、肺がんを中心とした呼吸器疾患、肺結核、神経・筋疾患、成育医療、重症心身障害児・発達障害児の療育などの政策医療を中心に診療しています。特に、肺がん診療では集学的治療、すなわち手術(胸腔鏡下手術など)、放射線療法、化学療法、免疫療法、分子標的薬による治療などを全て当院で実施しています。常勤の病理診断医もおり、術中迅速病理診断も可能です。原発性肺がんの手術症例数は2016年142例、2017年121例、2018年134例にのぼります。

 また、筋ジストロフィーやALSなどの神経難病の患者さん、重症心身障害のある患者さんが多数入院されており、人工呼吸器が毎日70~80台稼働しています。在宅医療にも力を入れており、在宅で人工呼吸器を使用されている患者さんも多数います。

 さらに、小児科、脳神経内科、呼吸器内科の一般診療、循環器内科、放射線科、緩和ケア科もあり、地域の皆さんに貢献できる病院であると思います。今後、消化器外科、内科の診療も開始できるよう努力しています。

 南九州病院は、1944年に発足した国立加治木療養所が前身です。南九州病院は75年以上にわたり、この姶良市加治木町に存在してきました。私たち職員はこの加治木町という地域を愛し、また地域の住民の皆さん方から愛される病院になるよう、努力したいと考えています。

独立行政法人国立病院機構 南九州病院
鹿児島県姶良市加治木町木田1882 ☎️0995-62-2121(代表) 
https://minamikyusyu.hosp.go.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる