九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

乳がんとともに生きる 患者さんに寄り添う

乳がんとともに生きる 患者さんに寄り添う

独立行政法人 地域医療機能推進機構 久留米総合病院 田中 眞紀 院長(たなか・まき)
1980年久留米大学医学部卒業、同第一外科(現:外科学講座)入局。
社会保険久留米第一病院(現:久留米総合病院)外科健診部長、外科部長などを経て、
2012年から現職。久留米大学医学部客員教授、福岡県医師会理事。

 「多くの乳がん患者さんたちが治療を受けながら仕事を続けています」と話す田中眞紀院長。乳がんの治療において豊富な実績を有する久留米総合病院。ニーズが高まる治療と就労の両立支援や、患者サポート体制の構築に向けて、どのような取り組みを進めているのだろうか。

―乳がん患者の両立支援について教えてください。

 お仕事や介護などで多忙な40代後半、そして60代後半が、乳がん患者さんのピークです。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる