九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

主要部門の機能を集約最新の医療機器を導入

主要部門の機能を集約最新の医療機器を導入

社会福祉法人聖隷福祉事業団
横浜市保土ケ谷区岩井町215 ☎045─715─3111(代表)
http://www.seirei.or.jp/yokohama/

 2019年7月16日、聖隷横浜病院は、救急や外来、手術など主要部門の機能を集約した新外来棟(通称A棟)での診療を開始。地域からのニーズに応えるべく、次の計画に向けて動き出している。聖隷横浜病院の林泰広病院長に、話を聞いた。

◎大規模災害と患者のニーズに対応

新設された新外来棟は、地下1階、地上4階建て。大規模災害時に対応できるよう免震構造を採用。旧外来棟は、以前の国立横浜東病院時代に使われていた建物のままで、手狭さもあり一新する必要があった。

 新築の話は以前からあったものの、着工となったのは、林病院長の就任後である2016年。小高い丘の上にあり、アクセスが不便なため、この場所で良いのかという議論も持ち上がったという。林病院長の就任の理由の一つには、この新外来棟の建設を推進させることもあった。

 「以前の病棟は築50年。玄関はドアが開くと風が吹き込み、待合室にいる患者さんに、かなり寒い思いをさせていました。新外来棟は、特に高齢の方の使いやすさを重視した機能的な造りになっています。例えば、エスカレーターは、車いすに乗った高齢者の転落事故が報告されていることから、設置を見送ってエレベーターだけとしました」

玄関や外来受付は、バス通りから直接
アクセスできる2階に

◎最新の機器導入と救急の強化

 新外来棟には、外来診療部門のみならず、救急室、健診センター、人工透析室、内視鏡室、カテーテル室、患者支援センター、手術室などを集約した。利用者の移動しやすさを考えた動線、廊下の広さや明るさに配慮している。

 外来診察室は、35室から53室に、手術室は4室から5室に、そして透析ベッドは18床から20床になった。将来の医療の変化に対応できることも考えて、設計をしている。

 また、救急部門の充実も大きな特徴の一つ。迅速な診断・治療に対応できるよう画像診断エリアを近くに配置し、画像診断装置の刷新と増設も行った。

 「救急室の近くには高精細な画像が撮影できるMRIとAI(人工知能)を搭載したCTを増設しました。さらに、肺機能を評価できるエックス線撮影装置や、3D画像により隠れた乳がんを発見しやすいマンモグラフィー装置も導入しています」

 救急搬送された患者は、これらの画像診断装置をすぐに利用し、高度な救急医療を提供できるように配慮されている。高機能な画像診断機器を設置するためには広いスペースが必要だ。新外来棟になったことで、面積が確保でき、これらの新たな機器の導入が可能となった。

 最上階の4階には、大会議室を設置。院内の職員だけではなく、地域の医療関係者への研修や、地域住民対象の公開講座などにも利用されている。
 
 毎月1回、音楽隊(近隣の教会)による、演奏会も行われている。

◎2020年度増床に向け次のステップへ

 聖隷横浜病院は、今回の新外来棟の建設がゴールではないという。次のハード面の整備に向けて、すでに動き出している。

 2020年度は、緩和ケア病棟20床、回復期リハビリテーション病棟38床、地域包括ケア病棟9床の計67床を増床する予定だ。「この増床には、旧外来棟を利用しようと思っています。国立病院だったため建物の構造がしっかりとしており、耐震構造は問題ありません。工期の短縮になります」

林泰広病院長


 今回の新外来棟建設を含め、地域住民に親しまれる病院、利用しやすい病院づくりを続けていく。

 「聖隷横浜病院の理念は、隣人愛、質の高い医療、そして地域貢献の継続です。今後もこの理念のもと、急性期から回復期、そして緩和ケアまでのケアミックス型の病院として、地域の病院とも連携しながら、強化していきたいと思っています」

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

メニューを閉じる