九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

不妊治療を、その後の豊かな人生につなげたい

不妊治療を、その後の豊かな人生につなげたい

獨協医科大学埼玉医療センター 岡田 弘 病院長(おかだ・ひろし)
1980年神戸大学医学部卒業、
1985年神戸大学大学院医学研究科博士課程修了。帝京大学医学部泌尿器科助教授、
獨協医科大学越谷病院(現:埼玉医療センター)泌尿器科主任教授などを経て、
2018年から現職。

 「妊娠・出産がゴールではない。目指すのはリプロダクティブ・ヘルスプロモーション」と男性不妊治療のパイオニアは語る。リプロダクションセンターを開設して、今年で5年目。体外受精や顕微授精といった高度な不妊治療に関わる技術を擁し、MD-TESE(顕微鏡下精巣内精子採取術)は国内最多の症例数を誇る。

―リプロダクションセンターの特徴は。

 当センターでの治療は男性・女性両者を診察することから始まります。これは、大学病院では珍しい取り組みでしょう。卵子からだけではなく、精子からも不妊の原因を診ていきます。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる