九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

ロボット支援手術は3倍、教育や研究にも注力

ロボット支援手術は3倍、教育や研究にも注力

羽賀 宣博 主任教授(はが・のぶひろ)
1997年福島県立医科大学医学部卒業。
会津中央病院、福島県立医科大学医学部泌尿器科学講座准教授などを経て、
2020年から現職。

 腹腔鏡下やロボット支援下などの低侵襲手術を強みとする福岡大学医学部腎泌尿器外科学講座。外来日を増やし、専門外来制を導入。教育・研究面の充実も図ってきた。主任教授の羽賀宣博氏に、取り組みを聞いた。

記事に関する感想・コメントはこちらから

このフォームに入力するには、ブラウザーで JavaScript を有効にしてください。
名前
メニューを閉じる