九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

プロとして腕を磨き持つ技すべてで患者を幸せに

プロとして腕を磨き持つ技すべてで患者を幸せに

IMSグループ医療法人財団明理会 新松戸中央総合病院
院長(まつお・りょうた)

1994年筑波大学医学専門学群卒業、2007年同大学院人間総合科学研究科修了。
東京女子医科大学消化器病センター、龍ケ崎済生会病院外科部長などを経て、
2013年から現職。

 「トライ&エラーの日々で、楽しいとまでは言えないが、この役割を与えてもらったことに感謝している」と笑顔で語る。43歳での着任から7年。病院を大きく成長させてきた院長が語る、これまでと今後は。

―組織改革の歩みを。

 まず初めにしたことは、「For the hospital」を掲げた職員の「ベクトル合わせ」。毎月1回の全体朝礼の場で、私の思いを直接語りかけるようにしました。

 一貫して伝えてきたのは「良い仕事をしよう。仕事を通じて幸せになろう」ということ。人生の多くの時間を割く「仕事」を大事にすることで、人生も幸せになるとの思いからです。

 そのうち、ポテンシャルの高い医師が、少しずつ集まるようになりました。着任当時は、院長として〝若造〟。そこに興味を持ってくださった方もいたのでしょうね。それまで当院にいた医師に対しても「『For the hospital』であれば、どんどんチャレンジしてもいい」と声をかけ、背中を押すよう心がけました。

 全職員が一体感をもって患者さんの治療に全力を注ぐための改革も行いました。職員の9割は医師以外の職種。モンスタードクターがいることで他職種の人が生き生きと働けないようでは組織として正常ではない。医療安全の面でもデメリットだと考えました。

 就任時、50人ほどだった医師の数は、現在、90人に迫っています。新しい力の参入と、それまで所属していた医師、その他の職種スタッフの能力発揮によって、医療のボリューム、質がアップしていることを実感しています。

―地域での立ち位置は。

 急性期を担う総合病院としての機能が充実、明確化してきています。着任時の目標紹介件数は月500件。今の目標は同650件で超える月も多くなっています。

 松戸市は、人口約50万人。300床以上の総合病院は当院を含めて4カ所です。人口に対して急性期医療を提供する側が多いわけではなく、紹介数はまだ増加する余地があると見込んでいます。

 地域だけを見ているわけではありません。当院には、青森県、鹿児島県の奄美大島などからも患者さんが来院します。インターネットの普及によって、良い医療を実践していれば、県外からも患者さんが訪れる時代になった。むしろ、遠くからでも患者さんが来院するような医療を提供しないと、地元の方にも選んでいただけないと感じています。

―地域での立ち位置は。

 急性期を担う総合病院としての機能が充実、明確化してきています。着任時の目標紹介件数は月500件。今の目標は同650件で超える月も多くなっています。

 松戸市は、人口約50万人。300床以上の総合病院は当院を含めて4カ所です。人口に対して急性期医療を提供する側が多いわけではなく、紹介数はまだ増加する余地があると見込んでいます。

 地域だけを見ているわけではありません。当院には、青森県、鹿児島県の奄美大島などからも患者さんが来院します。インターネットの普及によって、良い医療を実践していれば、県外からも患者さんが訪れる時代になった。むしろ、遠くからでも患者さんが来院するような医療を提供しないと、地元の方にも選んでいただけないと感じています。

―今後に向けては。

 7年たって思うのは、「後ろを振り向けば、やってきたことへの自負が出てきてしまう」ということ。プライドや満足が生まれたら、組織を変えていこうというエネルギーが減ってしまうと自分を戒めています。

 自分自身の存在が「新しい風」だった時期は過ぎた。それでも組織に新風を吹かせるためには、運営における新しいアイデアを生み出し続けるしかありません。3年に一度の大きな仕掛けと、毎年の変化。これを目標に、引き続き挑戦を続けていくつもりです。

 当院で働くことがキャリアアップにつながる、資格を取得した後、十分に生かせる環境がある、という風土を培うことにも、引き続き力を注いでいきます。

 当院では認定看護師が特定行為研修を終えると、医局会で医師に対し「仕事を奪う存在ではなく、相談し、コラボレーションできる存在になる」と説明。タスクシフトを促しています。

 さらに看護師の1人が診療看護師(NP)の資格を取得すべく進学を予定。今後、NPを専攻医と同等の立場、待遇としていくことも検討しています。

 医療は、命を扱う究極のサービス業です。全職種の職員が腕を磨き、プロとして持てる技すべてを駆使して患者さんを幸せにできる。そんな病院でありたいと思っています。

IMSグループ医療法人財団明理会 新松戸中央総合病院
千葉県松戸市新松戸1―380
☎047─345─1111(代表)
https://www.shinmatsudo-hospital.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる