九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

チーム医療で集学的治療を実現

チーム医療で集学的治療を実現

兵庫医科大学外科学講座 肝胆膵外科
波多野 悦朗 主任教授(はたの・えつろう)

1989年京都大学医学部卒業。米ノースカロライナ大学チャペルヒル校、
京都大学大学院医学研究科外科学講座(肝胆膵・移植外科)准教授などを経て、
2019年から現職。

 教授を4年近く務めた後、2019年12月、主任教授に就任。座右の銘は、医学教育の基礎を築いたウイリアム・オスラーの言葉にある「望ましい教師は、研究に精通するだけでなく、理念を持ち、それを実行に移す覇気と活力を持つこと」。リーダーとして、医局運営にかける意気込みを聞いた。

所信表明で掲げた三つの目標

 超高齢社会を迎えた今、高リスクを抱える高齢者の治療が増加している。特に肝胆膵の疾患は、手術や術後管理が容易でない。「チームで活躍できる医師を育てることが責務。そのためには、若い人にいかに魅力を感じてもらうかが先決です」と波多野主任教授は語る。

(続きは紙面でお読みいただけます。ご入用の方は、info@k-ijishinpo.com へお問い合わせください)

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram has returned invalid data.

コメントはこちらから

メニューを閉じる