九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

タスクシフトを推進し 医療の質と量の確保を

タスクシフトを推進し 医療の質と量の確保を

松田 公志 病院長(まつだ・ただし)
1978 年京都大学医学部卒業。
関西医科大学腎泌尿器外科学講座教授、同大学附属病院副病院長、
同大学副学長などを経て、2021 年から現職。同大学理事兼任。

 関西医科大学附属病院は、タスクシフトを積極的に推進し、医師の業務負担の軽減を図っている。これまでの方策と、働き方改革を通じて目指す病院像を聞いた。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる