九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

コロナを乗り越え理想の病院へ

コロナを乗り越え理想の病院へ


病院長(さかもと・たいじ)

1985年九州大学医学部卒業。米南カリフォルニア大学ドヘニー眼研究所客員研究員、
九州厚生年金病院(現:JCHO九州病院)、
九州大学大学院医学研究院眼科学分野講師などを経て、2020年から現職。
鹿児島大学医学部眼科学教室教授兼任。

 「新型コロナウイルスの拡大は社会を一気に変化させた」という坂本泰二病院長。就任前には予想していなかった事態を冷静に乗り切ってきた。感染対策と同時に、理想の病院づくりを目指す、その思いを聞いた。

冷静な感染対策で病院運営を維持

 「副病院長を3年間経験していたので、前任の夏越祥次先生の方針を引き継ぎながら、自分の理想とする病院運営をしていけたらと考えていました」。地域経済が縮小している中であっても、医療がそれに伴い縮小するわけにはいかない。地域医療の最後の砦(とりで)としての役割、そして日本の最先端、最高基準の医療を提供し続ける、さらには医師、看護師など職員にとって働きやすい病院を目指していきたいと、多くの理想を掲げていた。そこにコロナ禍である。

 「一にも二にもコロナ対策。毎週対策会議ばかりで、理想を語る場もなくなっています。しかし、秋冬のいわゆる第3波に向けて、システムづくりや職員の意識改革、いかに収入の減少によるダメージを少なくするかなど課題は山積みです」

 4月は東京や大阪の感染拡大の影響から、患者側の受診控えがあったものの、病院の感染制御部、大学の細菌学の医師たちが綿密な計画を立てたこともあり、5月になるとやや持ち直してきた。難しい手術や複合的な難治性の疾患の診察や治療など、大学病院が果たさなければならない役割もある。

 「診察や手術の制限は最小限度に抑え、入館者に対しての体温測定や問診を徹底。少しでも感染の可能性があればPCR検査をすることで、最悪の事態は免れたと思います」

コロナに関する研究 整備計画も進行中

 新型コロナウイルス感染症に対する研究が、鹿児島大学では次々と発表されている。その一つ、鹿児島大学発のベンチャー企業スディックスバイオテック(鹿児島市)は、唾液から新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA、B型を、同時に約20分で検査できる装置を開発し、早期の販売を目指している。この開発には、病院の協力があったという。

 さらに2007年から20年をかけて進めてきた病院整備計画も終盤となってきている。10月に着工を迎えたA棟は、外来手術に対応する新しいタイプの外来棟として期待が高まる。

 「入院して行っていた治療をできる限り外来手術で対応し、休眠スペースを造らない代わりに、待合室を広く寛げるスペースにする予定です。ただし、この20年で医療環境は変わってきています。財政面の見直しをしつつ、この整備計画によって病院の収益が伸びるよう、見極めながら進めていきたいと思います」

やる気を引き出すリーダーに

 2000人規模の病院をまとめることは簡単ではない。コロナ禍で、県内の感染者の受け入れが始まると、職員の間に動揺や不安が広がり始める。食堂で同席した職員に、相談を持ちかけられることもあり、「現場の不安を解決するために何かできないか」と考えるようになった。

 こうして毎週月曜日にA4サイズの「病院長メッセージ」を発行することにした。コロナに関する情報をはじめ、病院としての目標、業務の改善に貢献した職場の紹介、院長の思いなど盛りだくさんだ。

 リーダーとしてやるべきことは「2000人の職員のやる気に火を付ける」こと。このためにも病院が目指すべきことを明確に伝えたいと考える。「現場の生の声に耳を傾け、内外にきちんと情報発信していく。組織を動かし、理想に近づけるための取り組みを、しっかりと続けていきます」

鹿児島大学病院
鹿児島市桜ケ丘8ー35ー1 ☎099ー275ー5111(代表)
https://com4.kufm.kagoshima-u.ac.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる