九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

より高度なリハビリテーション医療を提供するために

より高度なリハビリテーション医療を提供するために

道免 和久 主任教授(どうめん・かずひさ)
1986 年慶應義塾大学医学部卒業。
同大学医学部助手、東京都リハビリテーション病院、
兵庫医科大学リハビリテーションセンター助教授などを経て、2005 年から現職。

 リハビリテーション科専門医の育成、リハビリテーション医療の必要性の周知に尽力してきた道免和久氏。2021 年には、学科目からリハビリテーション医学講座に昇格し、さらなる活躍が期待される。関西におけるリハビリテーション医療の現状も併せて話を聞いた。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる