九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

お尻の不安を解消してもっと楽しい人生を

お尻の不安を解消してもっと楽しい人生を

特定医療法人社団松愛会  松田病院 松田 聡 理事長・院長(まつだ・さとし)
2002年東邦大学医学部卒業、同第一外科入局。松田病院副院長などを経て、2017年から現職。

 全国にも数少ない大腸肛門病の専門病院。大腸がんと肛門の3大疾患をメインにあらゆる大腸肛門の悩みに応じる。「国民病とも言えるのに医療が手薄い分野です」と語る若き院長。患者へのやさしいまなざしには、熱い思いが込められていた。

―大腸肛門病センターの役割を担っています。

 手術件数は年間1300件弱でうち大腸がんが80~90件。内視鏡検査は1万件を超えます。10人の医師は全員が外科医で、腸全体を診られるのが強み。肛門の症状から病気をいち早く見つけ、全身を診ながらプラスアルファの治療を行います。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる