九州医事新報社 - 地域医療・医療経営専門新聞社

「良き臨床家」を育て地域医療を支え続ける

「良き臨床家」を育て地域医療を支え続ける

秋田大学大学院医学系研究科医学専攻 病態制御医学系眼科学講座
岩瀬 剛 教授(いわせ・たけし)

1992年金沢大学医学部卒業。
富山県立中央病院、米ジョンズ・ホプキンス大学留学、
名古屋大学医学部附属病院眼科講師などを経て、2019年から現職。

 秋田県内の眼科医療における中心的な役割を担い、地域医療を支え続けている秋田大学眼科学講座。2019年10月に着任した岩瀬剛教授は、これまでの強みを生かしつつ最新の治療に取り組み、人材の育成や地域医療連携にも力を入れていきたいと語る。

―講座の特徴は。

 緑内障、網膜疾患を中心に、特に網膜剝離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性など早期に治療しなければ失明の恐れがある重篤な疾患に対し、診断と治療を行っています。

[oceanwp_library id="17"]
メニューを閉じる