九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

「継続は力」で効果徐々に 経営改善へ多様な取り組み

「継続は力」で効果徐々に 経営改善へ多様な取り組み

独立行政法人国立病院機構 長崎病院
山川 正規 院長(やまかわ・まさき)

1985年長崎大学医学部卒業、同第二内科入局。
長崎市立市民病院(現:)主任内科診療部長、
長崎病院内科部長、同副院長などを経て、2020年から現職。

 コロナ禍にありながらもさまざまな手法で経営改善に取り組んでいる独立行政法人国立病院機構長崎病院。組織全体で改善に取り組むために工夫したことや現状の成果、今後の方向性を山川正規院長に聞いた。



―院長就任後どのように経営改善に取り組んでいるか。

 当院は1951年に結核療養所として開設され、71年に重症心身障害児者(重心)病棟の運用を開始しました。独立行政法人化以降は重心医療と療育、神経難病患者のレスパイト、外来での発達障害・小児心療内科などの障害医療を基盤に、地域になくてはならない役割を担っています。13の診療科があり病床数は280床、職員数は321人です。

 私が院長に就任した2020年4月の時期は新型コロナウイルスの感染が拡大しつつあり、万が一院内でクラスターが発生すれば危機的な状況になることから、感染防止対策に労力と時間を費やさざるを得ませんでした。院長として最初の発令の内容も、患者の家族らに向けた「面会禁止とさせていただきます」というつらいものでした。コロナは病院経営にも大きな打撃となり、20年8、9月は1日の平均入院患者数がかなり落ち込みました。

 コロナとの戦いの一方、赤字経営が続いていた当院にとって経営の改善は待ったなしのミッションでしたが、職員と経営状況への危機感を共有できているのか不安がありました。そこで、職員にメッセージを発信し、全員に経営参画への意識を持ってもらうことから始めることに。収入増・支出削減・質の向上の3項目に関して各職場長らを対象に部門別にヒアリングを実施。改善目標については具体的な達成度や達成額を示して1年間取り組んでほしい、との
メッセージを伝えました。



―取り組みの効果は。

 この試みは各部署のモチ ベーションアップにつなが り、1年間を通して多くの プラス評価(結果)を得ることができました。20年度の診療報酬改定で 地域包括ケア病棟の算定要 件が厳しくなり、かつ長崎 医療圏における地域包括ケ ア病床の増加と入院期間制 限で当該病棟の病床利用率 が %を下回る状況が続い ていました。

 入院待機患者の入院キャ ンセルをなくし、効率的な 入院患者の取り込みを目的 に、 年2月に思い切って 障害者病棟への運用転換を 決断。2月からの6カ月間 の病床利用率を %に改善 できました。

 光熱費削減にも力を入れ ており、電力供給会社の切 り替えによる電気料金の削 減、地下水利用システム導 入による水道料金の削減を 行い、削減効果が徐々に表 れています。まだまだ満足 いく結果とはいかないもの の、成果は出ているので、「継 続は力なり」を信じて今後 も地道に続けていきたいと 考えています。



―今後力を入れることは。

 3年前に神経難病専門の脳神経内科医を特命副院長として迎えたことが転機となり、現在3人の脳神経内科専門医が勤務しています。常勤医師14人の平均年齢は53・2歳と高齢化が進んでいるので、医師の確保には引き続き力を入れます。若い先生方に来てもらえるように脳神経内科の認定施設を21年度に取得予定で、この他にも病院環境を整える取り組みをしていきます。

 急性期の病院や診療所、介護事業所などとは、入退院についての情報交換を行い、入院依頼がしやすい関係性を維持しています。
 
 当院は重心医療と神経難病患者さんの受け入れ拠点を担う「支える医療」、急性期を過ぎた患者さんを在宅・施設へ戻すまでの「つなぐ医療」、そしてがん、非がん患者さんの終末期の看取(みと)りを含めた「いやす医療」の三つの柱を掲げています。長崎医療圏の重心医療や神経難病医療の中心的役割を担うことで、地域医療に今
後も貢献していきます。

独立行政法人国立病院機構 長崎病院
長崎市桜木町6─41
☎095─823─2261(代表)
https://nagasaki-hp.hosp.go.jp/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる