九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

「睡眠」の伝統を守りつつ統合失調症の病因・病態を探求

「睡眠」の伝統を守りつつ統合失調症の病因・病態を探求


教授(おぜき・ゆうじ)

1993年滋賀医科大学医学部卒業。
同医学部、米ジョンズ・ホプキンス大学、国立精神・神経医療研究センター、
獨協医科大学精神神経医学講座准教授などを経て、2019年から現職。

 5代目教授に就任して約1年。「ようやく全体を把握できたところです」と尾関祐二教授は語る。強みである睡眠分野の伝統を受け継ぐとともに、自身のテーマである統合失調症の病因・病態研究の進展にも力を注ぐ。精神医学に対する思いや、今後について聞いた。

―究明が非常に難しいとされる統合失調症の病因・病態解明に取り組まれてきました。

 もともと興味を持っていた疾患ですが、留学先のジョンズ・ホプキンス大学で澤明先生から指導を受け、染色体異常がある統合失調症について調べ始めたことが出発点です。当時すべての統合失調症の病態を統一して説明できる情報はありませんでした。それなら少数でもはっきりとした生物学的特徴がある症例を見つけ出し、その特徴を詳しく調べることで病態の解明につながるのではないかと考えました。

 臨床で診ている患者さんの中には、明らかに生物学的な特徴があるケースが見受けられます。そうした特徴を追い求めるという方法論は、ある意味とても気の長い話です。

 現在注目している症例群では、アミノ酸の一種、L|セリンの合成に問題があることが分かりました。これは統合失調症との関連性が指摘されるD|セリンやグリシンの生成などにも深く関わっていることから、複数の仮説がつながってきています。類似する研究も含めて、今後も進めていきたいですね。

―精神医療に対する考えや、若手の育成について。

 生物学的な指標を用いた診断が難しいのが精神科。病気の原因をもとに診断基準ができているわけではないので、頑強な治療戦略を求めるには限界があるかもしれません。ガイドラインでしっかり対応した上で、うまくいかない場合に真価が問われると思っています。

 ネガティブケイパビリティ(容易に答えの出ない事態に耐えうる能力)という考えが臨床にはあります。薬物治療、心理療法、電気けいれん療法でも問題が残る、そんな患者さんとどう向き合うか。現実に即しつつも患者さんが少しでも楽に生活できるように努力する、漫然とではなく工夫を重ね、フォローしながら根気強く付き合う。当たり前ですが、そんな基本を大切にしたいと思います。

 若い人に伝えるには、こうした現場を多く経験してもらうことでしょうか。場数を踏みながら身に付けてほしいのは、自分の問題として解決できる能力。勉強はもちろん大切ですが、自ら情報発信できる医師、自分の役割を考えてそれを果たせる医師になってほしいと願っています。私も勉強中。個人の資質を伸ばしつつ、教室をどうまとめるか考えているところです。

―今後の方向性は。

 教室は伝統的に、睡眠分野の研究に強みを持ちます。睡眠検査室が3部屋あるなどハード面が充実しており、睡眠センター長の角谷寛特任教授は睡眠行動医学講座も率いるスぺシャリスト。コホート研究も継続しています。専門医の資格も取れますので、そこは今後もぜひ伸ばしていきたいと考えています。

 また、滋賀県は全国で2番目に精神科病床数が少ない県です。救急システムは改善してきていますが、身体合併症における救急との連携は今後の課題です。

 小児と妊産婦の精神医療の充実も重要です。どちらも医師以外の人的資源の確保が欠かせません。行政や多職種との連携で、現場で対処できる人を増やすとともに、問題が大きくならないうちに解決できる環境・ノウハウづくりを進めたいと考えています。

 教室の松尾雅博先生を中心に県の事業として研修会などを行っています。われわれは最終受け入れ施設としての責任を全うしながら、地域に貢献できたらと思っています。

滋賀医科大学医学部 精神医学講座
滋賀県大津市瀬田月輪町
☎077─548─2111(代表)
https://www.sums-psychiatry.com/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる