九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

「怒り」や「不安」に注目 心理学的アプローチを併用

「怒り」や「不安」に注目  心理学的アプローチを併用


中川 伸 教授(なかがわ・しん)

1990年金沢大学医学部卒業。米イエール大学精神医学講座、
北海道大学医学部附属病院精神科神経科、同大学院医学研究科精神医学分野准教授などを経て、
2017年から現職。

 コロナ禍において、多くの人が行動制限される中で、「怒り」や「不安」を抱えるメンタルヘルスに注目する中川伸教授。大学病院やクラスターを起こした病院、リモートでの授業が続く大学生にどのようにアプローチしているのだろうか。

―コロナ禍による変化はいかがでしょう。

 新型コロナウイルス感染症の拡大で、全世界的に行動が制限され、いつもと違う生活が続いています。この影響が、うつ病や自殺企図をはじめとする精神疾患に直接どこまで結びついているか、まだ断言はできないと感じています。うつ病の多くは、人間関係によるストレスで、エネルギーや元気をなくしていくものです。直接患者さんを診ている限りでは、今回の状況は少し違うように思っています。

 心配しているのは、精神疾患にまで至らない「不安」や「怒り」。医師に診てもらうほどではないものの、精神的に不安定な状況を抱えている人が多いのではないでしょうか。コロナ禍で著名人が亡くなったり、自殺したりしました。普段でも、こうした報道を見聞きすることで、気分が落ち込みがちになる人が多く、精神面に大きな影響をもたらした可能性は高いと思います。

―医療者の精神面のケアについて。

 コロナ患者を受け入れる医療機関の看護師にかかるストレスには大きいものがあります。現場を離れても家族に感染させてしまうのではないかという不安でホテル住まいをする、あるいは心ない誹謗(ひぼう)中傷への不安もあります。

 そこで当講座では、「心のケア班」をつくり、救急部、ICU、感染症病棟に関わる看護師を中心に、カウンセリングを行いました。またウェブを活用して、全職員対象のストレスチェックも実施。ただ本当にストレスを抱える人を拾い上げていくには、現場での「気づき」が重要なので、お互いに声を掛けることは普段以上に必要なことになっています。

 医学部生をはじめ大学生のメンタルヘルスも課題です。リモートによる授業は集中できる時間が対面より短く、特に1年生は理想としていた大学生活とのギャップで今後さらに悪い方向にいくのではないかと危惧していました。そこで、1年生を集め、リモートによるグループワークなどを実施していました。また、臨床実習ができずに不安を抱える医学部生も多く見られますが、必要以上に不安にならないよう、指導する立場の者が「大丈夫」と声を掛けていくことが大切だと思います。

―今後の取り組みは。

 コロナ禍によって、リモートを使ってアプローチする手段が普及してきました。特にメンタルヘルスの分野で手応えがあると感じ、クラスターを起こした病院の医療者に対する遠隔的な支援を試みています。精神科医は患者さんの行動、表情、口調、言語などから精神的な状況を推し測る診療を普段から行っています。これは非常にリモートに向いています。引きこもりの対策などにおいては、ウェブを活用したアプローチに大きな効果があるのではないかと期待しています。

 今後は精神疾患の予防を重視し、心理学の分野で発展した、怒りの感情をコントロールする「アンガーマネジメント」などを取り入れたいと思っています。

 コロナ禍による「怒り」もそうで、企業や家庭内で、この「怒り」があらゆるハラスメントの原因になっていますが、アプローチが難しいと感じてきました。

 精神科が築き上げてきた治療に、心理学が築き上げてきた概念、対処法を積極的に取り入れていくことで、新しいメンタルヘルスへの介入ができるのではないかと期待し、今後進めていくつもりです。

山口大学大学院医学系研究科 高次脳機能病態学講座
山口県宇部市南小串1―1―1
☎0836―22―2111(代表)
http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~mental/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる