九州医事新報社 - 医療・医学の〝今〟を伝えて62年

「傷痕のケアは心のケア」物理的刺激を治療に生かす

「傷痕のケアは心のケア」物理的刺激を治療に生かす

日本医科大学形成外科学教室
主任教授(おがわ・れい)

1999年日本医科大学医学部卒業、2005年同大学大学院修了。
米ハーバード大ブリガムウィメンズ病院形成外科組織工学・創傷治癒研究室研究員、
日本医科大学形成外科准教授などを経て、2015年から現職。

 細胞には重力をはじめ物理的な力を感じる仕組みが備わっており、加わる力によって組織の形態や遺伝子発現を変化させるという。日本医科大学形成外科学教室の小川令主任教授は、このメカニズムを研究し、新しい形成外科技術の開発を進めている。

―研究の概略を。

 傷痕はいくつかの種類に分類されます。その一つにケロイドがあります。例えば、子どもの腕のBCGワクチン接種の傷がだんだん大きくなり、引き伸ばしたような縦長のケロイドになることがあります。この傷痕に横方向の切り込みを数カ所ジグザグに入れる、形成外科の手術方法の一つ「Z形成術」を施すと、1年ほどできれいに治ります。

 しかし治癒する科学的な理由は分かっていませんでした。私たちの教室が行ったケロイドの成因を解析するコンピューターシミュレーションにより、メカニズムがかなり解明できてきました。

 子どもは日々成長しており、腕にできた傷も腕が伸びる方向へ、常に引っ張られています。この物理的刺激によって傷の周囲の皮膚に炎症が起こります。

 炎症が起きた部分は、治る過程で細胞が線維を過剰に放出します。この創傷治癒によって傷痕は硬くなり、皮膚との境界はますます強く引っ張られ、さらなる炎症を引き起こすのです。

 この繰り返しによって傷痕は張力のかかる方向へ成長し続け、ケロイドになります。Z形成術は炎症の原因である「引っ張る力」を取り除く、効果的な治療になっていたのです。

 では、なぜ力が加わると炎症が起こるのか。どのようにして細胞は力を感知するのか、そのメカニズムを解明したくなります。これを研究するのが「メカノバイオロジー」です。物理的刺激が細胞や組織・臓器にどのような影響を与えるかを研究する学問で、さらにその知識や研究結果を臨床に応用するのが「メカノセラピー」です。これら二つの研究を並行して進め、新しい「形成外科学」を確立することが、私たちの最終目標です。

 メカノバイオロジーとメカノセラピーによって、ケロイド治療のほか、骨や軟骨を再生する試みなど、いくつものチャレンジが同時進行しています。

 国から研究費を得て進めている超音波による血管新生の研究もその一つ。適度にコントロールした超音波を傷に当てると、細胞が刺激を感知して血管をつくり始めます。傷を早く治すことを目指すこの技術を応用し、臓器や組織を再生することも可能だと感じています。近い将来、素晴らしい成果が報告できると確信しています。

―大事にしていることは。

 形成外科は大きく三つの領域に分けられます。先天的異常により欠けた部分をつくる狭義の「形成外科」。けがや病気などで失った組織を元の状態に戻す「再建外科」。まぶたを二重にする、鼻を高くするなどの「美容外科」。患者さんが来院する理由は、各領域でまったく異なります。

 小耳症など先天異常の赤ちゃんの未来に不安を感じ、形成外科の扉をたたく親御さんがいます。自動車事故で足を失った患者さんは、希望を取り戻すため再建外科にたどり着きます。顔に大きなあざのある人が、希望する就職の実現を願って美容外科に足を運ぶケースもあります。

 私たち形成外科には、職人的な技術によって、こうした人々の失った体の組織、傷痕を修復してきた歴史があります。その私たちが実感を持って、知っていることが「傷痕のケアは心のケア」であるということです。

 2021年12月、第2回世界瘢痕学会と第16回瘢痕・ケロイド治療研究会が共同開催され、私が大会長を務めます。「傷痕のケアは心のケア」だということを、国内国外に発信したいと思います。

日本医科大学形成外科学教室
東京都文京区千駄木1―1―5
☎︎03―3822―2131(代表)
https://www.nms-prs.com/

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Twitter

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Instagram

フォローする」ボタンを押すと、最新情報がすぐにツイート上で確認できるようになります。

Instagram did not return a 200.

コメントはこちらから

[contact-form-7 404 "Not Found"]
メニューを閉じる